2016年07月

14

木曜日の投稿

田中 夏海
投稿者:田中 夏海
(ディレクター / コーダー)

2016年07月14日

故郷ではたらいています。
田中夏海・大阪出向中!

仕事と暮らし・大阪

田中 夏海
投稿者:田中 夏海(ディレクター / コーダー)

コーディングファクトリー(以下、CF)・ディレクター/コーダーの田中です。
6月より、東京を離れ大阪に出向しております。
もともとこちらの出身ですので、実家から本町にあるモノサス大阪事務所へと出勤しています。
生まれ育った土地で、遠く離れたモノサス本社を思いながら過ごす日々。大変なことも多いですが、何とか頑張っています。
 

距離は、マメさでカバーしたい。
スカイプ越しに見えたモノ

そもそも大阪に出向してきたのは、関西のお客様と進行中の案件のため。
大型プロジェクトということもあり、物理的に距離を近くすることによって、精神的にも近づき、進行をテンポよくしていこうという狙いがありました。

そこは狙い通りに進んだのですが、予期せず苦労したのは、離れたところにいる社内メンバーとのやりとりでした。
例えば、制作チームの定例会や、社内会議などはスカイプやハングアウトで参加することになったのですが、電波状況が悪いとそれだけで時間を消費してしまいます。
やれマイクの設定だ、音量だ、もう一回かけなおしてみよう…
色々やっているうちに、私もCFのメンバーも、すっかりスカイプやハングアウトに詳しくなりました。

また私自身、いくらスカイプで顔が見えているといっても、直接コミュニケーションをとるのとは伝わり方が違うなあ、と日々感じています。メンバーも協力しようとしてくれるのですが、本当にちょっとした瞬間に、ああー直接話せればな!と歯がゆくなります。
とくに、複雑で難易度の高い作業を頼むときは心配です。
しかしそんな時は、概要を伝えた後にも、こまめに様子を伺うようにしています。傍にいられない分、マメに連絡を取り合って、認識のズレや制作担当の不安をどんどん拾ってカバーしていく。

弊社代表・林がよく「仕事は恋愛に似ている」と言います。
林はお客様との関係についてそう述べることが多いのですが、連絡をとるためのツールにやけに詳しくなったり、マメになったり、同じ社内のメンバーとのやりとりでも、似ているなあ、と感じます。

現在、大阪事務所には、私・田中と営業の吉永しかおりません。
CFのメンバーの顔が見えないのは、正直とても寂しいです。それでも、スカイプ越しに手を振ってくれたり、笑顔を見せてくれたり、ひとこと声をかけてくれるだけで、なんだかちゃんと元気になれるのです。
これは、離れてみなければわからなかったこと。
あ、これもちょっと、恋愛に似ているかもしれませんね。
 

思い出の街・なんばをぶらり。

上京して4年、その間大阪には、連休中の帰省でしか訪れることがありませんでした。
限られた時間はいつも家族や友人と過ごし、1人で過ごすことはありません。

しかし、今回の出向は2ヵ月間という長期。1人の時間も出てきます。
ある日の終業後、思い出の街・なんば千日前から道具屋筋までを散歩してきました。


千日前商店街からの眺め

大好きだった本屋が閉店していてショックを受けたり、いつも1人飲み歩いていた通りは健在でほっとしたり(翌日も仕事だったのでぐっとがまんしました)。
ここの喫茶店でよく休憩してたなーとか、この居酒屋で友達と夜中まで話し込んだなーとか。昔のことを思い出しながら歩き回っているうちに、気づけば2時間も経っていて、慌てて駅に駆け込んで…。
なかなか忙しい、でもリラックスして心から楽しい夜の散歩でした。

おかげで、翌日はなんとなくすっきりした気持ちで始業を迎えられました。
こういうの、やっぱり大事なんですね。
 

久々の実家暮らし。
親族一同、ものさすサイト見てました。

いち社会人として、体調管理は大事なこと。そのためには、栄養たっぷりの食事が肝心。
わかってはいるのですが、忙しいと帰宅してから料理をする気力がわかず、つい食事に手を抜いてしまっていました。
しかし、今は…


この日のメニューは煮込み魚、サラダ、ご飯とみそ汁、自家製お漬物、そして私の大好物・湯葉

どうでしょう。栄養がたっぷりすぎて、もはやそれしかありません。
毎日遅くまで残業する私の身体を考え、調理師の母が手作りしてくれる食事は、もちろん味も最高です!洗濯も掃除もしてくれて、至れり尽くせり。本当に、ありがたい…。

そんな実家生活ですが、ひとつ驚いたことがありました。

以前、ものさすサイトにて自分が取り上げられた記事のURLを両親に送ったことがあります。
それからはあまり話題にはならなかったのですが、今回実家で生活し始めて、久々に親族が集まることがありました。
そこに来ていた、いとこがひとこと。
「なっちゃん、会社のホームページ、見たで!」
な、なんだと。
すると叔母が、
「ええ会社やん~!建物もおしゃれやし!」
先ほどの記事のURLを、母が皆に送っていたようです。正直恥ずかしかったのですが、
「なっちゃん、めっちゃがんばってるんやな」
と言われると「そんなことないよ~」と、ニヤニヤするしかなくなってしまいました。
皆が私の働いている会社・モノサスに興味を持ってくれたのも、とてもうれしかったです。
 

残り1ヵ月、頑張ってまいります。

そんな大阪での生活も、残り1ヵ月。
プロジェクトも進行中ですが、久々の大阪生活、やり残していることがまだまだあります。
心から元気に仕事に取り組むためにも、ちょっとゆっくり「生活」してみたいと思います。

この投稿を書いた人

田中 夏海

田中 夏海(たなか なつみ)ディレクター / コーダー

コーディングファクトリー部ディレクター/コーダー/キティラー。大阪で生まれ育ち上京後、一次面接で「ビビっと」きてしまい、猛アピールの末モノサス入社。趣味は映画を観ることと歌うこと音楽を聴くこと、読むこと書くこと、自分ひとりぶんの食卓を整えること。「夏海」という名前ですが、海には7年ほど行ってませんし、全く泳げません。あと5月生まれです。よろしくお願いします。

田中 夏海が書いた他の記事を見る