2017年02月

2

木曜日の投稿

今井 智也
投稿者:今井 智也
(デザイナー)

2017年02月02日

いつもお世話になっております。デザイナー視点で選んだ自分的定番アプリ5選。

デザインの目のつけどころ

今井 智也
投稿者:今井 智也(デザイナー)

こんにちは。デザイン部の今井です。

皆さんは日頃どのようなアプリやサービスをお使いでしょうか?
職種によって使うアプリやサービスは様々だと思いますが、自分はデザイナーなので、基本的にPhotoshopやIllustratorなどをメインに仕事をしています。しかし、近年ではそれに取って代わる便利なアプリやサービスなどが次々とリリースされています。

そこで今回は、仕事をする上で欠かせない&気になっているアプリやWebサービスを、簡単にご紹介していきたいと思います。

ちなみに自分は、以前の記事(「デザイナーはどうやってinputしているのか自分的、アイデア収集術」)でもご紹介した、Muzilというサービスで、気になったアプリをチェックしています。そちらも合わせてお読みいただけたら幸いです。
(※ mac OS・iOS専用多めです。すいません…)
 

mac OS / iOS
Simple is BEST。
ToDo管理アプリ「Clear」


Clear:https://itunes.apple.com/jp/app/clear-tasuku-todorisuto/id493136154?mt=8&ign-mpt=uo%3D4

「シンプル」ってすばらしい。

シンプルにToDo管理ができて、UIがイケてるアプリはないかな?と思っていたところ、この「Clear」に出会いました。何年も前にリリースされたアプリなのでご存知かもしれませんが、このアプリはリリース時からお世話になっていて、仕事をする上で欠かせない存在になっています。

日々増え続けるタスクをシンプル、直感的に管理してくれます。UIもGood。
仕事のタスクは元より、プライベートなタスク(ほしいものリストとか…)もClearで管理しています。

使い方はいたって簡単。
アプリ上でクリックか半スクロールでタスクを追加。左から右にスワイプでタスク完了。ただこれだけの操作でToDo管理ができます。
タスクが縦並びになっているので、優先順位が高いタスクを上に、低いものほど下に置いておけば優先順位が一目瞭然。iOS版のアプリもリリースされており、mac OS版と同じ使用感で使えます。他にもリマインド機能やmac OSとiOSのiCloud同期ができて便利です。


Clearの画面。タスクが減っていくと爽快。
 

mac OS / 近日中にiOSアプリがリリース
コピペを便利に。
クリップボードアプリ「Paste」


Paste:http://pasteapp.me/

mac OS標準機能として欲しい…

「Paste」はコピペを便利にするクリップボードアプリです。
クリップボードに保存した、テキスト、ファイル、画像データを可視化、アプリごとに分類して保存してくれます。以前コピーしたクリップボードの履歴を遡れるので「さっきコピーしたテキストをもう1回コピーしたい!」なんて時に大活躍してくれます。

デザイナーとしてこのアプリから恩恵を受けたのは、プレーンテキストでペーストできること。デザイン時に他の書式テキストからコピーすると書式データまでコピーしてしまい、フォントが変わってしまうのが悩みの種でしたが、このアプリによって「Mac標準のテキストエディットにペースト→コピー→デザインデータにペースト…」という一連の煩わしさから開放されました。
デザイン作業がちょっとだけスピードアップ。

他の機能としては、クリップボード内検索やピンボード機能(よく使うスニペットなどを保存しておく)などコピペを便利にしてくれる素晴らしいアプリです。


クリップボード内が可視化されており何をコピーしたか分かりやすい。(画面下のライン)
 

mac OS
画像データを簡単に圧縮。
画像圧縮アプリ「Squash 2」


Squash 2:https://www.realmacsoftware.com/squash/

スキューモーフィズムなアイコンがかわいい。

クライアントにメール添付でデザインデータを送ったり、Web上にアップする画像を制作する場合、使用する画像の容量は極力抑えたいもの。
そこで簡単にjpg・png・gifを圧縮できるアプリが「Squash 2」。
画像データをSquash 2にドラック&ドロップで簡単に圧縮できます。

他の画像圧縮アプリと何が違うのか?
例えば、jpgやpngの圧縮率をこまかく設定できたり、既存のデータを上書きしないように圧縮後のファイル名を変更できたり…かゆいところに手が届く便利なアプリです。

個人的に便利だなと思った機能は、PSD・RAW・TIFF・CR2のデータをjpgに変換できる機能でしょうか。今まではPSDデータを作成したら確認用にjpg書き出し…という事を1枚1枚やっていましたが、まとめてPSDファイルをSquash 2にドラックすれば、jpg書き出し&圧縮をいっぺんにやってくれるので一石二鳥です。


圧縮中のアニメーションもかわいい。
 

mac OS
フォント選びのお供に。
フォント管理「RightFont」


RightFont:https://rightfontapp.com

長年探し求めた究極のフォント管理アプリがここに。

Mac標準のFontbookは見やすくて良いのですが、あまりにも大量にフォントを読み込むと、動作が重くなったり、最悪の場合は起動しなくなったりとちょっと使い勝手が落ちてしまいます。そこで色々なフォント管理アプリを探していましたが、値段が高かったり、UIが使いづらかったり…

そこに現れた救世主。それがこの「RightFont」です。

とにかく起動が速く、数1000フォントを一気に読み込んでも全然動作が重くならず、読み込みスピードも申し分ありません。フィルター検索機能やお気に入りフォントを登録出来る所もいいですね。

特に驚いた機能といえば、Photoshop、Illustrator、Sketchなどと連係もでき、RightFont上のフォントをPhotoshopにドラッグ&ドロップで追加できる便利な機能。こういう細かい所がアプリの使い勝手を向上させてるのだなと感激しました。

デザイン作業に入る時はPhotoshopと必ずセットで起動する、心強い相棒になっています。


アイコンも多数取り揃えております。
 

Web Service
デザインリソースを集約。
デザインストックサイト「The Stocks」


The Stocks:http://thestocks.im/

デザイナーの強い味方。

アプリではなくWebサービスになりますが、ロイヤリティーフリーのストックフォト、カラースキーム、アイコン、動画素材、モックアップ、フォントなどのストックサイトをまとめているサイトです。

自分がよく使用するストックサイトは「Unsplash」や「Coolores」などがあり、ブックマークに登録してありますが、ブックマークからいちいち探さなくてもこのサイトを開けばよく使うストックサイトがまとめられているので、アクセスがスムーズ。

ストックサイトの種類も豊富で、今まで自分が知らなかったサイトもまとめられているので、デザインのインスピレーションを得るのにも大活躍なサイトです。


デザイン作業がスムーズに。

自分が仕事する上で定番になったアプリ5選をご紹介させていただきましたが、
いかがでしたでしょうか。

今回ご紹介したアプリは決して派手な働きをするアプリではないのですが、
作業の細かい部分を補助してくれる大切な存在です。

便利なアプリを導入し、小さな部分を少しづつ改善することで、
いずれワークフロー全体を改善してくれると思います。

また便利なアプリに出会いましたら、この場でご紹介させていただきますね。

この投稿を書いた人

今井 智也

今井 智也(いまい ともや)デザイナー

Apple,ガジェット,エレクトロニックな音楽が大大大好きなデザイナー。1983年東京生まれ。A型。好きなフォントはFutura。猫好きだけど猫アレルギー。最近ジョンマスターオーガニックにハマりました。モノサスPerfume分科会の会長やってます。

今井 智也が書いた他の記事を見る