2017年05月

23

火曜日の投稿

吉永 尚由
投稿者:吉永 尚由
(セールス部)

2017年05月23日

多拠点体制で、フロントエンドもバックエンドも対応。 ジークス様流、仕事のすすめ方
~株式会社ジークス様・インタビュー~

仕事と暮らし・大阪

吉永 尚由
投稿者:吉永 尚由(セールス部)

こんにちは、大阪事務所の吉永です。
毎回、大阪での日常や仕事の流れなどをお伝えしておりますが、今回は趣を変え、いつもお世話になっている会社様にインタビュー対談という形でお伝えしたいと思います。

今回、ご協力いただいた会社様は「株式会社ジークス様」。
UI/UXデザインから大規模システム開発まで、ワンストップで対応できるエンジニアリング力を活かして、フロントエンドからバックエンドまで幅広いサービスを展開されています。

ジークス様には大阪事務所が開設した当初からお世話になっており、何度かコーディング案件を依頼いただいております。

お話を伺ったのは、コーディング案件でお世話になっている若松様。
セールス部・部長の奥山同席のもと、私、吉永がインタビューさせていただきました。
 

多拠点体制ならではの、仕事の進め方


株式会社ジークスの若松様。主にディレクターとしてお仕事をされています。

吉永
今日はどうぞよろしくお願いいたします。

若松さん
よろしくお願いいたします。

吉永
早速ですが、ジークス様は東京・大阪・福井・フィリピンに拠点がございますが、大阪ではどのような体制で、どのようにお仕事進められていますか?

若松さん
クライアントの多くは東京の会社で、そのクライアントからの案件を大阪で制作・開発していることが多いですね。

吉永
東京と大阪で作業分割して、制作を進められているんでしょうか?

若松さん
いえ、東京にはクリエイティブメンバーはおらずディレクターのみ在籍しているので、クリエイティブに関しては大阪単体で仕事を進めています。

吉永
そうなんですね。
そうすると、案件の打合せとかはどのように対応されているのでしょう?

若松さん
案件開始時の大事な打合せやデザインの打合せに関しては東京に出向き、直接顔を合わせて打合せしています。

吉永
やはり大事なところ、ニュアンスが遠隔では伝わりにくいデザインに関しては、直接お話して進めているのですね。

若松さん
直接と遠隔をうまく織り交ぜて対応しています。案件後半のフィードバック対応などは、スカイプなどのツールを利用し遠隔打合せしたりします。

吉永
なるほど。いろんなツールが充実してきたことで、離れててもコミュニケーションが取りやすくなったのは本当にありがたいですよね。弊社も同様の形で、直接と遠隔を組み合わせながら、仕事がスムーズに進むように工夫しています。


慣れないインタビューに緊張の私(右 吉永)、左は同席したセールス部・部長の奥山

吉永
福井の拠点ではどのようなお仕事をされているのでしょうか?

若松さん
福井にもクリエイティブメンバーが在籍しているので、フロント案件を制作したりしています。新規制作後の運用を対応したりも。また代表が福井出身ということも、福井に拠点がある理由の一つです。

吉永
そうなんですね。代表様は福井がご出身なのですね。
ちなみに、フィリピンではどのようなお仕事をされているのでしょうか。開発拠点となっているのでしょうか?

若松さん
そうですね、フィリピンはバックエンド開発の一拠点となっています。
開発メンバーは現地で採用していますが、日本から一名、センター長として出向いています。出向いた当初は少しだけの滞在予定でしたが、気づけばもう数年滞在したままになっています(笑)。

吉永
モノサスのタイの拠点開設時に出向いたメンバーが一名おり、よく似た形です(笑)。
場所によって仕事のスピード感はかなり違ってくるとは思いますが、各拠点毎にしっかり分業して、足並みを揃えてお仕事をされているんですね。
 

お互いのやり方がわかっているという安心感


株式会社ジークス様のWebサイト(http://www.zyyx.jp/

吉永
御社ではフロントエンド部分で外部パートナーに制作依頼される際、どのような基準で依頼されているのでしょうか?

若松さん
うちではフロントエンドとバックエンド絡む案件が多く、外部に依頼をするなら仕様がFIXし出戻りが少なそうなもの、もしくはスクリプトが絡まないものを依頼したりしています。ただ、UI・コーディング・実装の仕様がFIXしないままアジャイルで制作する案件も多いため、外部に仕事を依頼しずらいことがあり、悩ましいところです。

吉永
弊社に相談が来る案件でも、アジャイルで進むものが増えてきています。
その場合、対応する範囲を決めるのではなく、人日で対応期間のみ決めて、その期間で諸々対応するようにしていますね。
ちなみに、御社ではアプリ開発もされているのですね。

若松さん
はい。最近のアプリ開発ではウェブベースではなく、ネイティブベースで開発することが多いです。UI・アニメーションのことを考えるとやはりネイティブの方がウェブより動きが勝るので。直近ではスイフトなどを使い開発を進めています。

吉永
ほんとに様々なものに対応されていますね!
最後によろしければ、弊社に案件相談を続けていただいている理由があれば教えてもらえますでしょうか。

若松さん
そうですね…大規模案件にも対応できる体力・組織力があるというところでしょうか。
吉永さんのような担当がつくのもいいですね。相談しやすいというか。
また、すでに何度も案件を依頼しているので、相談の仕方や依頼の仕方、全体を通したやり方が分かっている。ということも一つの理由ですね。双方のやり方が分かっているということは、それだけでもリスクヘッジすることにもなるので。

吉永
なるほど、ありがとうございます。
ぜひこれからも、どしどし相談いただけると幸いです(笑)。

若松さん
分かりました(笑)これからもよろしくお願いします。


若松様、お忙しいところありがとうございました!

今回、改めてジークス様にお話を聞かせていただきましたが、日頃から案件相談をいただく際にも、余裕をもって相談いただき「いつならコーディング対応できるか」「どの範囲なら対応できるか」等、かなり綿密にスケジュールや仕様を事前に決めていただいたうえで案件を進めることが出来るので、大変ありがたく思っています。

また、若松様をはじめ、金子様や辰己様にいつも丁寧に対応いただいている点についても、本当に感謝しています。

会社的にも個人的にも、ぜひ末永くお付き合いさせていただきたい思っておりますので、これかもどうぞよろしくお願いいたします!


株式会社ジークス

http://www.zyyx.jp/
(大阪支社)
〒550-0022 
大阪府大阪市西区江戸堀1-9-1 肥後橋センタービル15F
電話:06-6459-3911
事業内容:スマートデバイスアプリケーション開発、Web/スマートフォンサイト制作、Webアプリケーション/システム開発

この投稿を書いた人

吉永 尚由

吉永 尚由(よしなが なおゆき)セールス部

大阪事務所で西日本エリアを担当しています。西日本であればどこでも行きます。近くの京都府や兵庫県はもちろん、福井県や福岡県まで幅ひろーーーく動いております。

吉永 尚由が書いた他の記事を見る