2017年07月

12

水曜日の投稿

岩木 香織
投稿者:岩木 香織
(プランナー/ ディレクター)

2017年07月12日

神山ものさす塾・第3期 はじまりました!

神山ものさす塾

岩木 香織
投稿者:岩木 香織(プランナー/ ディレクター)

こんにちは。神山ものさす塾・事務局の岩木です。
夏の訪れとともに、いよいよ今年の神山ものさす塾が始まりました。
今回は、入塾式から懇親会まで盛りだくさんの一日となった、初日の模様をお届けしたいと思います。
 

目指せ!フロントエンド・エンジニア

3年目をむかえた神山ものさす塾。1期では「コーディング」を、2期では「コーディング」と「Webライティング」を学んできました。第3期では「フロントエンド・エンジニア」になるための幅広いスキルを半年間かけて学んでいきます。

エンジニアへの夢を抱いて、神山へ集まった10名の塾生たち。これまで暮らしていた場所も仕事もことなる個性ゆたかなメンバーが、全国各地から集まってくれました。最初の一ヶ月は全員で共同生活を行いながら、よく学び、よく遊び、お互いに切磋琢磨しつつ、12月の卒塾に向けて過ごしていきます。
 

入塾式。今年も自己紹介大会です


神山町農村環境改善センターにて。今年もお世話になります!


第3期の塾長をつとめる伊藤。意気込みがみなぎってます。

入塾式の会場は、これから毎日通うことになる「神山町農村環境改善センター」の会議室。塾長の伊藤、代表の林、神山サテライトオフィスのメンバーたち、そしてゲストとして NPO法人グリーンバレーの竹内さん、伊藤さんも参加してくださいました。

塾長の伊藤と代表林のあいさつ、ゲストのお二人からの温かいメッセージに続いて、毎年恒例の(?)モノサスメンバー&塾生をふくめた全員での自己紹介大会へ。昨年の卒塾生4名を含む神山サテライトオフィスの先輩からは、神山の暮らし方や楽しみ方も伝授され、にぎやかなひとときに。緊張していた塾生たちも、自己紹介大会でツッコミを浴びたり、笑いが起きるなかで、少しづつリラックス。アットホームな空気につつまれて、滞りなく入塾式が終わりました。


緊張もとけて笑顔の塾生たち。後ろにひかえるモノサスメンバー&ゲストの皆さんが盛り上げてくれました!
 

塾生に送る 5つのことば

入塾式のあとは、代表林によるオリエンテーション講座へ。
全員で輪になってリラックスした雰囲気のなか、前半は林の話を、後半は塾生からの質問にこたえる形で講座は進みました。

そのなかで、林が語った「塾生に送る5つのことば」がこちら。

  • まずは、ひらく。
  • 柔軟に、でも自分らしく。
  • 未来に焦らない。でも今は懸命に。
  • 変わるのは、いつも自分。
  • ともに、生きる。


ちなみに、この「5つのことば」は β版だそう。このあと進化していくのかも…?

林からのことばを、しっかりと受け止めた塾生たち。後半の質問タイムでは、全員からさまざまな質問が飛び出し、ときに考え込み、ときに笑いながら丁寧に回答していくうちに、あっという間に終了時間となりました。
 

懇親会は「かま屋」で

最後は、おまちかねの懇親会です。場所をうつして、フードハブ・プロジェクトが営む食堂「かま屋」へ向かいました。地元の食材をたっぷり使った美味しい料理に、みんな大興奮。林による乾杯のあとは、早速みんなでいただきまーす。お酒も入って、ワイワイ賑やかな時間が始まりました。


フードハブの皆さんからもお祝いのことばが。


どれも美味しい「かま屋」の料理。どうやって作るんですか?と料理長の細井さんに尋ねる塾生も。

メインディッシュには、なんと「阿波すだち鶏」の丸ごとローストが登場。それを切り分ける大役が、塾生にまかされるという展開になりました。果敢に手を上げてくれた塾生3名が、料理長の細井さんから手ほどきを受けながら、丸ごとのすだち鶏を切り分けていきます。


ここはもも肉、ここは胸肉…細井さん(右)の説明に興味津々の塾生たち。


全員が見守るなか、無事「すだち鶏」を切り分けました。これも神山ならではの経験?

途中、フードハブ・プロジェクトの皆さんも顔を出してくれて、お祝いのメッセージを。モノサスメンバーをはじめ、神山の方々からもたくさんの歓迎のことばをもらって、塾生たちも神山での生活の不安が払拭されたようでした。

夜が更けてますます盛り上がりつつも、明日は朝から講義がはじまる塾生たち。
塾長伊藤の締めの挨拶で、楽しい懇親会もお開きとなりました。

こうして無事に終わった、神山ものさす塾の1日目。
さぁ、ここから塾生たちのチャレンジが始まります。フロントエンド・エンジニアを目指しながら、神山で暮らす日々のなかで、彼らが何を感じ、何を学び、どんな風に変わっていくのか。今年も彼ら自身の言葉でお伝えできるといいなと思ってます。どうぞお楽しみに!

この投稿を書いた人

岩木 香織

岩木 香織(いわき かおり)プランナー/ ディレクター

モノサスに入ってなぜか方言解禁の福岡育ち。博多弁でしゃべるとリラックス。「こげん東京で働くとか思わんかったけど、みんなで笑いながら仕事しよるけん頑張れるっちゃん」な毎日です。

岩木 香織が書いた他の記事を見る