2017年08月

8

火曜日の投稿

ものさす編集部
投稿者:ものさす編集部

2017年08月08日

夏も元気にコバナシを。
〜モノサス朝礼より〜

朝のコバナシ

ものさす編集部
投稿者:ものさす編集部

夏まっさかり、暑い日が続きますね。
8月に入って、モノサスでも夏休みを取るメンバーがちらほらと出てきました。しばしの休暇のあと、各地の銘菓や旅のお土産でにぎわうお茶タイムも、この時期ならではのお楽しみです。

夏休みもありちょっぴり人が少ない日もありますが、今朝もモノサスでは「今日のひとこと」を聞きながらウォーミングアップ。役員、部長、リーダーが日替わりで話すちょっとしたコバナシを聞いて、代々木の一日はスタートします。

今月もほんの少しだけ、ものさすサイトでご紹介。
登場するのは、コーディングファクトリー部・リーダーの竹田、同じく部長の児嶋、そしてクリエイティブ部・部長の上井です。

それでは、「今日のひとこと」始まり始まり…
 

ネコは悪くない

発表者
竹田 健一(コーディングファクトリー部 リーダー)

つい最近のことなんですけど、自分の家にある iMac が壊れました。
ある日、家に帰ったら机の上の iMac が倒れてて。すごいイヤな予感がすると思いつつ、倒れたのを起こすと、画面が思いっきり割れてて…そのとき携帯で電話中だったんですけど、もう会話もままならなくなるくらいショックで。

誰がやったかというと、 ネコなんです。
うち、ネコを3匹飼ってるんで、そのうちの1匹がやったのは明らかで。

腹立たしいやら悲しいやら、でも犯人は人じゃなくてネコ…当たり散らすこともできない…と、しばらくモヤモヤしてたんですけど、そのうち「そもそも、こういう事象が起きる状況を作ったのは自分だよな」という気持ちが沸いてきたんです。

普通だったら倒れないものでも、何かきっかけがあれば倒れるものだし。
倒したネコが悪いんじゃなくて、そういう状況を作り出した自分が悪いんだと。

これって、仕事でも同じだなと思って。たとえば誰から失敗したときに、失敗した人を責めることよりも、失敗しない状況を作ることの方が大事だな、と。誰かにものを頼むときにも、失敗が起こりそうな要因は事前にちゃんと準備して、失敗が起きないようにする。そんな状況づくりが重要なんだと思います。

iMac の割れたガラスとネコを見ながら、そんなことを思った次第でした。
 

「書き写し」の効用

発表者
児嶋 いずみ(コーディングファクトリー部 部長)

先日、とある機会がありまして、朝日新聞の「天声人語」を書き写すということをやってみたんですが、これがなかなか衝撃的な体験でした。

書き始めた最初は、何かちょっとイライラしてしまう自分がいたんですね。
そんな自分を見て、普段いかに気ぜわしく生きているのかを実感させられたんです。

で、そのイライラを超えていくと、次第に気持ちが落ち着いてきて…ただ、文字を書き写すだけなのに、心が自分の内側に入っていくというか、自分の内面と向き合える静かな時間が過ぎていきました。

「ものを書く」って意外と良いことなんだなぁと思って。
みんなが「写経」をする意味が、少しわかったような気がしました。

写経をする人たちも、そういう自分の内面に向き合う時間や、静かな心持ちになることを求めているんだろうなぁ、なんて考えたり…私も新たな発見がありました。

みなさんに写経をおすすめしてるワケじゃないんですが(笑)、自分の心理状態を知りたいときは、何かを書き写してみるだけでも気づきがあるんじゃないかなと思って、ちょっとご紹介してみました。
 

権利との折り合い

発表者
上井 正之(クリエイティブ部 部長)

このところ「権利」ということについて、考えさせられることが多くて。
例えば、ある一つの出来事に関わる人って、それぞれ立場も違えば、手に入れたい権利も違いう。そして、そこには利害関係が往々に関わってきますよね。

いわゆる「ブラックバイト」なんかも、雇用したい側の権利と、働きたい側の権利があって、おたがいの利害関係があって。それぞれの権利は、どちらが強いとかじゃなくて、法律や契約などの決めごとで定められていく筈なんだけど、法律を知らないことを悪用する人がいて、知らないうちに権利が奪い取られている。ヤマト運輸がアマゾンの当日配送から撤退するというニュースも、働くドライバーを守るという権利と、市場競争で優位に立つ権利がぶつかった結果なのかなと。

私たちが日頃関わっているプロジェクトでも、クライアントとモノサス、そこに集まっている人それぞれに何かを得る権利があって、そこに利害関係が生まれている、そのときに、自分の権利を獲得することだけじゃなくて、集まっている人たちの権利を考えながら、全体として満足できる折り合いを考えていけるといいのかなと思ってます。

例えば、3人が権利を主張しあって、その内の1人が押し通した場合、
その1人の満足度が 100%になって、残り2人は 50%だとすると【合計 200】だけど、
3人全員が 70%の満足度になる答えを見つけられれば【合計 210】になって、全体としての満足度が増える。

そんな視点で「権利」と折り合いながら、満足できる仕事をできるといいなと思ってます。
 

それでは、今日も良い1日を。

写経のこころ、ネコ事件に、権利と折り合っていくこと。今月もバラエティ豊かな「コバナシ」が揃いました。

さて、明日はどんな話が飛び出すのでしょうか。
たのしみたのしみ。

それでは、みなさん今日も良い一日を。

この投稿を書いた人

ものさす編集部

ものさす編集部(ものさすへんしゅうぶ)

ものさすサイト編集部です。メインは3名。「正直な今」を伝えるべく、日々ネタを求めてアンテナ発動中。たのしそうな気配を感じたら、どこでも飛んでいきます!

ものさす編集部が書いた他の記事を見る