2017年09月

1

金曜日の投稿

羽賀 敬祐
投稿者:羽賀 敬祐
(プランナー)

2017年09月01日

リニューアルから公開後の運用まで、
トータルでサポートします。
~BtoBチームが提供する10のサービス・後編~

BtoB研

羽賀 敬祐
投稿者:羽賀 敬祐(プランナー)

こんにちは。マーケティング部BtoBチームの羽賀です。

「モノサスのBtoBチームって、どんなことができるの?」という疑問をお持ちの方に向けて、私たちが提供しているサービスについて改めてご紹介する企画、後編です。

前編では『Webサイトリニューアルの肝は、発注前の「検討期間」にあり』と題して、「A 発注前・検討期間」に私たちがお手伝いできる4つのサービス(Webサイト診断、競合調査、RFP策定支援、ワークショップ)についてご紹介しました。

今回は、実際にサイトを作り始める「B 制作期間」から、完成した後の「C 公開後」に、私たちがお手伝いできる6つのサービスについてご紹介したいと思います。

BtoBチームが提供するサービス一覧
20170901_01.png
 

B. サイト制作開始~納品まで

コーポレートサイトのリニューアルが決まり、我々Web制作会社への発注をいただくと、いよいよ具体的にサイトを作っていくフェーズが始まります。

モノサスでは、御社のリニューアルプロジェクト専用のチームを編成して、企画立案からデザイン、さらには公開後の運用まで含めて、以下4つのサービスをご提供しています。
 

5. プランニング

Webサイトの方向性の決定や目的・目標の設定において、プランニングは必要不可欠です。この部分がしっかりしていないと、「せっかくリニューアルしたにも関わらず、効果の出ないWebサイトになってしまった」ということになりかねません。自社のマーケティング活動における「Webサイトの役割」を、しっかりと考慮したサイトの方向性の策定が重要です。

BtoBのWebサイトを熟知したプランナーが、BtoBならではのビジネスに即した独自のコンテンツ設計から、ユーザー心理を考慮した掲載情報の整理設計、ユーザーインターフェースの設計までプランニングします。
 

6. デザイン

プランニングが終わったら、次はデザインです。せっかく考えた内容も、それを表現するデザインが優れていなければ、ユーザーへの訴求効果は半減してしまいます。時流に合ったWeBの表現方法をうまく取り入れて、且つユーザーの心に響くデザインがあって初めて、プランニングの効果が最大限に発揮されるといえるでしょう。

BtoBはもちろん、BtoCも含めて豊富な経験を持つデザイナーが、幅広いビジュアルの引き出しから、御社のWebサイトに最適なデザインを作成します。ターゲット層の共感を呼び、目的達成へのユーザーアクションを誘発するロジカルなデザインをご提供します。
 

7. レスポンシブ Webデザイン

スマートフォンの普及に伴い、もはや必須となりつつあるマルチデバイス対応。BtoBだから不要...とは言えない状況になりつつあります。昨年の2月から1年以上かけて我々がおこなった、BtoB企業を対象とするコーポレートサイトの運用実態調査でも、53%の企業がスマートフォンをはじめとしたマルチデバイスに対応しているという結果が出ました。

また、昨年秋にGoogleが発表した「モバイルファーストインデックス※」によって、BtoB企業のマルチデバイス対応への考え方も変わりつつあります。営業マンがスマートフォンで業務を行ったり情報収集する機会も増えるなか、あらゆるデバイスで快適にサイトが閲覧できることは非常に重要な要素となっています。

スマートフォンやタブレット端末ユーザーに対して高いユーザビリティの見込める「レスポンシブWebデザイン」を導入することによって、多様なデバイスでも快適に閲覧できるコーポレートサイトを構築します。

※モバイルファーストインデックスとは
Googleの検索アルゴリズムにおいて、主にモバイル版のコンテンツを検索順位の決定に使用するというもの。

 

8. 撮影

昨今のWebサイトにおいて、写真の果たす役割はとても重要です。
例えば、採用サイトのコンテンツでは、実際に働く社員のポートレート写真やオフィスの様子など、実際の雰囲気が伝わる写真が必須です。それらの写真をとおしてユーザーは「その企業で働く自分自身の姿」をイメージすることができるのです。

また、製品情報や経営者メッセージにおいても、写真があるかどうか、さらには写真のクオリティによって、説得力が何倍にも増します。せっかく素晴らしい内容を掲載していても、写真次第でその良さが伝わらないのは、本当にもったいないことです。

人の魅力、製品の魅力を最大限に伝えるために、弊社では、プロジェクトに応じてプロのカメラマンを手配し、写真や動画の撮影をおこなっています。

20170901_02.jpg
飛島建設株式会社様の新卒採用サイトでは、リアルな社員の姿を伝えるべく、オフィスや建設現場に訪問し写真撮影を行いました。
 

C. 公開後

最後にご紹介するのが、サイト公開後のサービスです。

かつては、作ったきりほとんど更新されないようなWebサイトも見られましたが、現在ではWebサイトは「情報を発信していく手段」となっています。
公開した時点から、事業の状況は日々変化していきます。作って終わりではなく、Webサイトの「鮮度」を保つ為にも、情報の更新を行うための運用体制を整え、閲覧者数や問い合わせ数の変化から現状の課題を見つけ出して改善していくことが成果につながります。

公開後のサービスとして、以下の2つをご提供しています。
 

9. 運用

BtoB企業のWebサイトは、少ない人数で運用をされていることがほとんどです。また、他業務と兼務されている方が多く、サイト運用に悩みを抱えている声もよくお聞きします。

自社での運用が難しい場合は、モノサスの運用チームにお任せください。
専属の運用チームを設けて、御社のニーズに合ったWebサイトの更新・改善をサポートいたします。

1)通常運用
テキストや画像の差し替えやCMSでの記事登録など、定期的、不定期に発生するサイト内の更新をモノサスにて実施します。

2)企画型運用
Googleアナリティクスのサイトアクセスログの定点観測を実施し、マーケティング的視点での改善項目抽出をおこないます。レポートの作成や報告会の開催、改善施策の提案も可能です。

3)CMS保守運用
Webサイトに組み込んだCMS全般に関するサポートを弊社にて実施します。CMSの操作に関するサポートや障害対応、バージョンアップやカスタマイズの対応もお受けします。

※これらはあくまで一例であり、貴社のご要望や状況にあわせて運用内容を決定します。

リニューアルの完了(公開)は、同時に運用のスタートでもあります。弊社の運用チームが、最適なかたちでWebサイト運用をサポートいたします。
 

10. アクセス解析

Webサイト公開後もサイトを調査・分析することで、現状の課題が見えてきます。
Googleアナリティクスなどを用いて、下記の5つの指標からサイトの状況を調査・分析し、レポートとして提出します。

▪全体指標(Webサイト全体の状況)
▪ユーザー指標(どんなユーザーが訪問しているか)
▪集客指標(どこからWebサイトに訪れたのか)
▪行動指標(サイト内でどのような行動をしているか)
▪コンバージョン指標(どのくらいの問い合わせがあったか)

これらの結果をもとに、Webサイトのコンバージョン達成やユーザビリティ向上のための改善施策をご提案します。

20170901_00.jpg
アクセス解析レポートイメージ
 

おわりに

「BtoBチームが提供する10のサービス」、いかがでしたか?
Webサイトは、制作の発注前から公開後の運用にいたるまで、どのフェーズにおいても手を抜くことができません。ひとつひとつにしっかりと向き合うことが、効果のあるWebサイトを育てていくことに繋がります。

私たちはこれまでに、業種を問わず300社以上の企業のWebサイト制作に携わってきました。
そしてこれからも、幅広い知見からWebサイト制作をしてきたノウハウを活かして「BtoBならでは」のWebサイト制作に取り組み、極めていきたいと思っています。

今回ご紹介した「10のサービス」に限らず、Webサイトに関してお困りのことがございましたら、なんでもお気軽にご相談ください。

私たちモノサスBtoBチームが、これまでの経験と実績を活かして、貴社に最適なご提案をさせていただきます。

私たちBtoB企業支援チームでは、
「BtoBならではのWebサイトを追求する」をテーマに
Webサイト制作を中心に様々なサービスを展開しています。

発注前のサポートからサイト制作、公開後の運用まで、
お困りのことがありましたら、ぜひお気軽にご相談ください。

BtoB Webサイト制作サービスについて 

お問い合わせ

この投稿を書いた人

羽賀 敬祐

羽賀 敬祐(はが けいすけ)プランナー

広島県生まれ、マーケティング部の新人プランナー。洋服の販売員を経て、神山ものさす塾2期生としてWeb制作について学んだのちモノサスに入社。休日はよく映画館や美術館へ足を運んでいる。広島風お好み焼きはパリッとした食感のものが好み。理想の味を求めて都内を開拓中。

羽賀 敬祐が書いた他の記事を見る