2017年09月

8

金曜日の投稿

田中 夏海
投稿者:田中 夏海
(ディレクター / コーダー)

2017年09月08日

気張らないでさ、
「テキトー」でいいんだよ。
~ 本格中華食堂 一番館 代々木店~

代々木散策マップ

田中 夏海
投稿者:田中 夏海(ディレクター / コーダー)

まず、はじめに言っておきたいんです。今回紹介するこのお店、素材にこだわった味の名店でも、雰囲気あふれる個人経営店でもありません。庶民の味方的お値段と、それに見合ったクオリティを誇るチェーン店です。

定時にきっちり仕事を終わらせて、ここで安く飲むのもいいでしょう。けれど、キッツイ仕事を終えクタクタに疲れた、残業終わりに来るのが私のお気に入り。疲れた心と体が何故か惹きつけられる、そんな「本格中華食堂 一番館 代々木店」をご紹介しましょう。
 

激安ならぬ、バカ安!?
疲れた体に染み込んで来るのは、250円の生中


もはや永久にサービス中の樽生中ジョッキ。ハイボールも150円と破格の値段設定。

ここ代々木において、食べログでも夜の予算が「〜999円」という、信じられない安さのハイスコアを叩き出している一番館。
ちょっと一杯…でのお値段じゃありません。きっちり食べて飲んで、このスコアを出すことも不可能じゃない。そんな「お値段の手頃さ」は、一番館の魅力のひとつです。

そこが安い(つまり、イイ)店かどうかは、生ビール中ジョッキのお値段を見ればだいたいわかるものです。一番館の生中は、なんと250円!しっかり合格ライン(350円・自分比)をクリアしています。
お酒だけではなく、フードメニューも充実。定番の唐揚げやメンマなどの一品もの、麺にどんぶり、お昼にうれしい定食など、品揃えは豊富。公式サイトには載っていない胡麻団子などのメニューもあり、そのどれもが実にお手頃価格。ついつい頼み過ぎてしまっても、お会計の時には予想外の安さに思わず笑みがこぼれます。
こないだあれだけ頼んでも安かったんだから、これも食べよう、もう一杯飲もう…。結果、バカみたいに飲んで食べて、盛り上がってしまう。まさに激安ならぬ、バカ安状態。


らあめんだけで20種類以上あるそうです。それにしても、一杯330円って、安過ぎないですか?

ちょっとお財布が寂しい時でも、みんなで飲みたい時がある。あと、めっちゃお腹空いてるからご飯もしっかり食べたい。
私は一人でしか行かないのですが、皆様におかれましてはそんな時もあるかと思います。まさにうってつけのお店と言えましょう。


遠くからやってくるお客さんも。
飄々キャラの店長(?)さんの存在


すごいスピードで動き回る店長(?)さん(真ん中)。お客様で賑わってくると、片時もじっとしていません。

私が、良い飲食店の条件だと思っていることの一つに「昔そこに通っていて、今は遠くにいる人が、たまたま近くに来た時に寄ってくるお店」というのがあります。
「たまたま」であって「わざわざ」ではないのがミソ。いつも考えているわけではないけれど、その街に行くと思い出す。それって、そのお店に居心地の良さを感じているからそうなるんですよね。

私が一番館に立ち寄ったある日も、そんなお客さんが来ていました。
「やー、代々木に来たら店長さんのこと思い出しちゃってさー」
「すごい久しぶりねー!」
ニコニコと会話するのは、たぶん、このお店の店長さん。たぶん、と書いたのは、実は一度も確かめたことがないからです。でも、いつもお店にいるし、料理を運ぶときも会計の時もグイグイ前に出てくるし…だから、たぶん店長さんなのでしょう。
いや、正直、それはどっちでもいいんです。人懐っこそうでいて、一人でいるお客さんには無理に話しかけない。でも、どんなに忙しそうな時も、お客さんの呼びかけには笑顔で答えてくれる。ちょっと飄々としたそのキャラがなんとも言えず、一番館代々木店の居心地の良さを作っています。
ここにいるのが大事な人って感じで、いいんですよね。

さて、ここまで一番館代々木店の魅力を語って来ましたが、このままではただの「おもろいおっちゃんのいる、お手頃価格のチェーン店」です。
「キッツイ仕事を終えクタクタに疲れた、残業明けに来るのが」なぜ私のお気に入りなのか、説明ができていません。
これはちょっと個人的というか、私自身のパーソナリティに関わってくるので、なんともお恥ずかしいのですが…。
 

強ばった肩をほぐしてくれる
「テキトー」であることは、ふんわりと軽く優しいことだ


今日は奮発してえびチャーハン(500円)ですが、いつもはチャーハン390円・餃子4個160円・樽生250円の「だいたい800円セット」でいただいております。

私、ただでさえ、元々がマヌケな人間なんです。あれを忘れた、これもやってない、やったけれどもできていない…。しっかりしろと毎日叱られ、ここまでやってまいりました。
けれども仕事では、そんなことではいけません。抜け漏れやミスがないように、気を配って気を張って、積み上がったタスクや課題の山をなんとか這い上る日々。
人より頑張ってやっと人並み。こんな調子ですから、そこそこのお金を払って手の込んだ美味しいものを食べるのが、ちょっとしんどい時がある。なんというか、もう気合い入れたくない、というか。特に失敗した時や疲れている時には、むしろ劣等感すら覚える始末…。

一番館は、冒頭でも書いたように「めちゃウマな店」とは言えないかもしれません。けれど、ここには「いい感じのテキトーさ」があるんです。
「テキトー」は、まさに本来の意味の「適当」です。疲れ切った残業後に軽く一杯、ふらりと立ち寄るお店として、お値段も、5分足らずで注文した品が揃うスピードも、深夜の疲れた胃にちょうどいい塩梅のクオリティも、お水を頼んだらでかいピッチャーで「あとは自分でやんなさい」と来るサービスも。全てがぴったりと、その時の気持ちに寄り添ってくれている、気がする。

それに。クタクタに疲れた時、店員さんが目の前に置いてくれるチャーハンと餃子、250円の中ジョッキが、私にこう言ってくれている気がするんです。
「そんなに気張らなくていいんだぜ。今この時は、そのままのお前でいいんだよ」

…そうですね、ちょっと、疲れているのかもしれません…。
まあ全部、チャーハンたちにはそんなつもりは毛頭なくて、彼らが持つ「テキトーさ」を受けて、私が勝手に感じていることなんですけどね。
 

フツーにウマいメニューもあるので、
あなたの選択肢に加えてください。


最近看板をリニューアルされました

とまあ「お値段なりのクオリティ」に魅力を感じている私ですが、例えば麻婆豆腐やおつまみザーサイなど「これがこの値段で食べられるなら!」という、フツーにウマいメニューもあります。
代々木界隈の人たちには、料理もそこそこウマく、お手頃に飲める店として人気な様子。
20:00ごろには、お店はだいたい満員です。

是非、お近くに来られた際には寄ってみてください。
オススメはチャーハンと餃子4個、そして樽生中ジョッキのセットです。餃子を、キムチやメンマ、他の190円メニューに変えてもいいですね。

ちょっと失敗した夜でも大丈夫、一番館は、そんなあなたをテキトーに、お財布にも心にも優しく、受け入れてくれますよ。


プルフワの麻婆豆腐に、白ネギがシャキッと効いてるおつまみザーサイ。お酒が進む…。


中華食堂壱番館 代々木店

東京都渋谷区代々木1-55-2 大和ビル1F
TEL 03-5358-0868
営業時間
11:00-24:00  
ラストオーダー 23:30
年中無休
http://kvc-ichibankan.co.jp/p209.htm

この投稿を書いた人

田中 夏海

田中 夏海(たなか なつみ)ディレクター / コーダー

コーディングファクトリー部ディレクター/コーダー/キティラー。大阪で生まれ育ち上京後、一次面接で「ビビっと」きてしまい、猛アピールの末モノサス入社。趣味は映画を観ることと歌うこと音楽を聴くこと、読むこと書くこと、自分ひとりぶんの食卓を整えること。「夏海」という名前ですが、海には7年ほど行ってませんし、全く泳げません。あと5月生まれです。よろしくお願いします。

田中 夏海が書いた他の記事を見る