2018年06月

6

水曜日の投稿

仲山 あかね
投稿者:仲山 あかね
(コーダー)

2018年06月06日

新人からみた、ものさす。
~変化のある、自由な雰囲気~

TOPICS

仲山 あかね
投稿者:仲山 あかね(コーダー)

こんにちは。コーディングファクトリー部の仲山です。
神山ものさす塾 3期生を経て、今年1月に入社してはや半年。今回初めてものさす記事に投稿します。

ものさす塾では、コーディングを真面目に勉強する一方で、神山ならではの、共同生活や野外での活動、お出かけなどフルに楽しみました。藍染体験をしたり、芝生で毎日寝転んだり。しょっちゅう徳島市内にお出かけしたり、共同生活で人間関係に悩んだりと、いろいろありました。


塾のお昼風景。座り作業で疲れても、お昼になればこの開放感!これが神山スタイルの社食です。


徳島市はのんびりしていてお散歩するのも楽しい

東京での忙しい毎日の中で、すでに懐かしく感じる神山・・・改めて振り返ってみると、応募したのはちょうど1年前でした。遠方からの応募だったため、面接はビデオ会議でしたが、初めての遠隔面接で緊張したのを覚えています。そして参加することが決まり、最初の顔合わせで代々木オフィスへ行き、会社の方や他の塾生と話したことを懐かしく思い出します。

インターネットが好きで、趣味でホームページを作ったことがある程度の経験値で飛び込んだ Web 業界でしたが、今こうしてコーディングファクトリー部で、毎日 Web ページを制作していることはなんだか自分としては意外で、感慨深いです。誕生日に買ってもらったホームページビルダーで、ダサいサイトを作っていた中学生の私にいろいろ教えてあげたいですね。

さて、今回は、自然あふれる神山から一転、代々木オフィスに入社した、新人コーダーの目から見た「ものさす」について改めて紹介してみようと思います!


小さな変化がいつも起きている

ものさすは、少しずつですが確実に「変わっていっている雰囲気」がある会社です。大きな変化が目に見えて起こることはそんなに多くはないでしょうが、小さな変化がいつも起きていると思います。

例えば、私が入社して1ヶ月経ったころ、突然「朝礼」がなくなりました。朝礼とは、平日の毎朝10時に全部署のメンバーが集まって、当番の人が「今月の感謝」を、リーダー・部長が「今日の一言」を言うというものでした。5~10分程度で終わるのですが、ふだん顔を合わせない他部署の方と挨拶したり、やや緊張感のある雰囲気で、これから仕事をする!という気持ちになれる場だったように思います。

しかし、昨年からフルフレックス制度が導入されたこともあり、朝10時出社というルールもなくなったため、当番の人が不在のことも増えてきて、最終的に朝礼は無くす運びとなりました。え、無くなっちゃうんだ!と新人の私は少なからず驚きましたが、こうやってどんどん変化していくことが、ものさすっぽいのかも…と思った出来事でした。


朝礼が行われていたNorth棟入ってすぐのソファーのある場所。朝は人も少なく静かです。

また、フルフレックス制度についても、お互いの働き方を評価しあい、この制度を続けていけるように考えるためのアンケート「フルフレックス 360° 評価」が行われました。一人ひとりの意見を聞いて、会社としての制度を変えていくという仕組みができているんだなと感じました。

また、私の入社前には社食制度があったそうですが、今はなくなり、代わりに「オフィスおとん」という、100円でおいしいお惣菜が買えるシステムが加わったりと、小さな変化が積み重なって今があるように思います。


おとんをよく利用しているメンバー。今日のおかずは角煮です。


自由にたのしむ、お昼ごはん

オフィスおとんの話が出たので、お昼ごはんからみたものさすについて少し掘り下げてみます。

お昼ごはんは一番楽しい時間ですよね。前述のようにフルフレックス制度で出社時間も自由なものさすは、お昼ごはんの時間もみんなバラバラ。お昼の様子を見ていたら、自由な雰囲気が伝わってきました。

1.時間も自由

早い時間から出社している朝型のみなさんは、12時ころにお昼を食べ始めます。規則正しい生活が感じられます。11時に出社している私は、お昼は14時から取っています。いつも並んでいるあのラーメン屋も、この時間なら効率的に食べに行けますね。15時以降にお昼を食べている人…もいます。17時ころに食べ始めるのは、お昼ではなく、夜でもなく、おやつかもしれません。

2.場所も自由

民家を改修してオフィスにしているので、社内には食堂や休憩室はありません。お弁当派のみんなは自席で食べることが多いようですが、暖かくなってきたら、中庭にあるガラス棟で食べるのもオススメです。自席を離れて、ソファーや、ちょっとした打ち合わせに使うカウンターで食べる人もいます。

外食派の人は、みんなでも、ひとりでも。代々木から西新宿まで、いろいろなおいしいお店を知っていて、その日の気分に合わせてどこかへ食べに行っています。(私はお弁当派なので、あまり外食先を知りませんが…)

また、オフィスの中に、ものすごくちゃんとしたキッチンがあります。業務用のコンロや巨大な冷蔵庫が置いてあり、これにはビックリしました。


ちょっと「ちゃんとしすぎている」コンロ。このコンロを使ってパスタを作っている先輩や、そばを茹でている先輩、パンを焼いている先輩などがいます。


ちょっと「いっぱいありすぎる」調味料。どんな味がするのか分からない異国の調味料など各種取り揃えてあります。

3.何を食べるかも自由

ものさすのみんなは何を食べているのでしょうか?奥さんのいるあの人は愛妻弁当、料理上手なあの子は自作弁当と、お弁当派ももちろんいます。私も節約のために基本はお弁当を持ってきています!中身は、しらすご飯が多いかな…。

他にも、おとんのお惣菜は人気です。メインとサイドディッシュを揃えて、ワンプレートランチとして食べる方も多いですが、サラダだけ、豚の角煮だけ、など単品をおやつに食べている人もいます。

おやつにカップ麺やお菓子を食べる人も多いです。私はよく柿の種を食べていますね。時間も自由なので、「それ、お昼ご飯なの?おやつなの?」と聞かれることもあります。確かに、何ご飯なのかみなさん分かりづらいかも知れません。

4.お楽しみの「バディランチ」

社食の代わりに始まったのが「バディランチ」という制度です。毎月ランダムで決まる ”今月のバディ” とご飯を食べに行くと、ひとり1回あたり1,000円までを会社が負担するという仕組みです。

いろいろな人とにランチに行くことで、知らないお店も知れるし、他部署の人と話すことで仲良くなれたりと、良いことがたくさんの制度です。バディの時はお仕事の話だけではなく、趣味の話を聞けたり、私にとっては楽しい時間です。
 

まとめ

いかがでしたか?ほんの少しですが、ものさす代々木オフィスの雰囲気が紹介できたでしょうか。

私自身、勤務時間や仕事の配分をある程度自分で決められる中で、どのようにしたら効率よく仕事ができるのか、どのタイミングで休憩をとるのが自分に合っているかなど、自由な分だけ自分を見つめ直すことが増えているような気がしています。

ものさすの中で、自分のスタイルを見つけてより良い仕事ができるように、これからもがんばります!


自席では、私が作った くまの「にゃんちゅう」と一緒に仕事しています。友達です。今のところ同じ部署の人には誰からも何も言われません。

この投稿を書いた人

仲山 あかね

仲山 あかね(なかやま あかね)コーダー

コーディングを頑張りつつラーメン屋の開拓にも精を出しています。古いものが大好きで、今年は着物を一人で着られるようになりたい。仕事中はよくFuture Funkを聞いています。

仲山 あかねが書いた他の記事を見る