2017年08月

7

月曜日の投稿

羽賀 敬祐
投稿者:羽賀 敬祐
(プランナー)

2017年08月07日

Webサイトリニューアルの肝は、
発注前の「検討期間」にあり。
~BtoBチームが提供する10のサービス・前編~

BtoB研

羽賀 敬祐
投稿者:羽賀 敬祐(プランナー)

こんにちは。マーケティング部BtoBチームの羽賀です。

今回は「モノサスのBtoBチームって、どんなことができるの?」という疑問をお持ちの方に向けて、私たちが提供しているサービスについて改めてご紹介したいと思います。

「BtoBならではのWebサイトを追求する」をテーマに、私たちが展開しているサービスは、全部で10個。お客様がWebサイト制作を発注する前の検討期間にお手伝いできることから、発注をいただいてからの実際の制作、公開後のサポートに至るまで、多岐にわたるサービスをご提供しています。

BtoBチームが提供するサービス一覧
20170807_01.png

それでは、各フェーズごとに、私たちが提供しているサービスの内容について、2回にわけて、ご説明したいと思います。前編では、「A 発注前・検討期間」に私たちがお手伝いできる4つのサービスについてご紹介します。
 

A. 発注前/検討期間

まずは、発注をいただく前、検討期間にご提供するサービスです。

コーポレートサイトのリニューアルを検討する際に重要なのは、「現状の課題抽出」と「リニューアルの方向性決定」です。これらを的確に導き出すために、私たちは4つのサービスでご担当者様をサポートします。
 

1. Webサイト診断(無料)

御社のサイトの現状について「デザイン・導線」「コンテンツ」「ソースコード」のそれぞれの視点から診断し、結果をレポートにまとめてご報告しています。(無料です)

診断するポイントは4つ。
▪サイトが時流に合ったデザインになっているか
▪目的の情報にたどり着きやすい導線設計になっているか
▪ユーザーが知りたい情報、ユーザーに伝えたい情報がコンテンツとして内包されているか
▪内部構造(HTMLコード)が、Web制作の標準ルールに則って正しくつくられているか

診断結果は、社内会議等にもご活用いただけるようドキュメントを作成してご提出いたします。サイトの現状を客観的に把握し、リニューアルの必要性をご検討いただく資料としてご活用いただければと思います。
 

2. 競合調査(無料)

次に、競合企業のサイトについて調査いたします。(こちらも無料です)
なぜ競合調査が必要なのか。それは、自社サイトだけを見て問題点を探すことだけでなく、競合企業と比較してみることではじめて「より打ち出すべきポイントは何か」「自社サイトに足りてない部分はどこか」を客観視できるからです。

調査項目として、Webサイトの基本仕様からナビゲーション、トップページでの訴求内容やコンテンツへの導線、各種コンテンツの有無に関して、競合数社を比較し、一枚の表にまとめます。

競合企業のWebサイト動向を知り、差別化をはかる足がかりとなる資料をご提供いたします。

20170807_02.jpg
Webサイト診断と競合調査資料イメージ。前述のWebサイト診断とセットでご活用していただくことをおすすめしています。
 

3. RFP(提案依頼書)策定支援

自社サイトの現状と課題が見え、リニューアルをおこなうことが決定すると、次は制作会社を決める必要があります。コンペティションを開催して制作会社を決める場合に、必要となってくるのがRFPです。

RFPとは、Request For Proposalの頭文字をとったもので、「提案依頼書」を意味します。リニューアルの際に必要な要件を盛り込み、制作会社に依頼するための資料としてまとめたものです。

RFPがしっかり作り込まれていれば、それをもとに制作会社は具体的な提案をすることができます。しかし、BtoB企業のWeb担当者様はRFPの作成に慣れていない場合も多く、盛り込むべき「制作会社が知りたい情報」が漏れてしまうことも多いのが現状です。

そこで、我々、制作会社の立場から見た「盛り込むべきポイント」を押さえたRFPをつくる、RFP策定支援サービスを展開しています。良いRFPは、その後のプロジェクトの成否も左右します。納得感と満足感のあるリニューアルの実現につながる、最適なRFPづくりをサポートさせていただきます。
 

4. ワークショップ

4つめのサービスは「ワークショップ」です。
ワークショップを行うことで、Webサイトでアピールすべき「自社の強み」を改めて認識することが可能になります。

他社との差別化において一番重要なことは、「USP(Unique Selling Proposition)= 自社が持つ独自の強み」を表現することです。しかし、その会社ならではの強み(文化)というのは可視化されていないことも多く、また、「社内から見えている風景」と「顧客から見えている風景」が微妙にずれていることも多いのです。

そこで、私たちはUSPを抽出するためのワークショップを開催します。
開催するにあたって、社内アンケートや顧客インタビューを実施します。

1)社内アンケート
企画や営業に携わる社員や技術者の方々それぞれの視点で、自社の製品やサービスの訴求点についての記述式アンケートに回答していただきます。

2)顧客インタビュー
顧客の方に対して「なぜ御社に発注をしたのか」を直接インタビューします。顧客の声を知ることで、ターゲット像やターゲットのインサイトの把握、 そして、社内からは見えなかった御社の魅力を発見します。

顧客の目、社内の目、マーケティングの目、クリエイティブの目をとおしてアンケートやインタビューで出てきた意見をもとに、ワークショップの場で深掘りしていき、 御社の本当の強みについて分析します。ワークショップで見出した「独自の強み」を柱にすることで、Webサイトのプランニングをスムーズに行うことが可能になります。

20170807_03.jpg
過去に開催したワークショップの様子

 

リニューアルの肝は「発注前」にあり。

Webサイト制作を「発注いただく前」にご提供できる4つのサービス、いかがでしたか?

お客様と我々Web制作会社の関わりは「発注してから」が始まりだと思われがちですが、発注前にお手伝いさせていただくことで、より効果的なリニューアルプロジェクトを実現できると考えています。

通常は自社で行う「現状の課題抽出」と「リニューアル方向性の決定」について、第三者(Web制作会社)の目を介することで、自社では気づかなかった課題や、独自の強みを見出して、より良いリニューアルに繋げたい。その思いで、これら4つのサービスをご提供しています。本当に効果のあるWebサイトを実現するために、ぜひ弊社のサービスをご利用ください。

後編では、実際にWebサイトの制作を開始してから、公開後の運用までのあいだに、弊社が提供する6つのサービスをご紹介したいと思います。

私たちBtoB企業支援チームでは、
「BtoBならではのWebサイトを追求する」をテーマに
Webサイト制作を中心に様々なサービスを展開しています。

発注前のサポートからサイト制作、公開後の運用まで、
お困りのことがありましたら、ぜひお気軽にご相談ください。

BtoB Webサイト制作サービスについて 

お問い合わせ

この投稿を書いた人

羽賀 敬祐

羽賀 敬祐(はが けいすけ)プランナー

広島県生まれ、マーケティング部の新人プランナー。洋服の販売員を経て、神山ものさす塾2期生としてWeb制作について学んだのちモノサスに入社。休日はよく映画館や美術館へ足を運んでいる。広島風お好み焼きはパリッとした食感のものが好み。理想の味を求めて都内を開拓中。

羽賀 敬祐が書いた他の記事を見る