2018年04月

6

金曜日の投稿

ものさす編集部
投稿者:ものさす編集部

2018年04月06日

あなたのメガネ、ちょっと拝見。
- ものさす眼鏡図鑑 -

TOPICS

ものさす編集部
投稿者:ものさす編集部

突然ですが、みなさんの周りでメガネをかけてる人はどれくらいいますか?

近視大国といわれる日本ですが、視力矯正だけでなく、ファッションアイテムとしても人気のメガネ。最近では、パソコンのブルーライトをカットするPC用メガネもお馴染みになってきましたね。(モノサスでも愛用者が結構います)

一日中かけてる人にとっては、もはや「顔の一部」ともいえるメガネという存在。
みんな、どんな風にメガネと出会って、メガネと付き合ってきたのか。ものさすの眼鏡男子たちに声をかけて、メガネへの思いや選ぶポイントなどについて尋ねてみました。
 

その1:小野木 雄(メガネ歴12年)

今かけてるメガネ:
JINS で購入(¥10,000くらい)

メガネを選ぶポイント:
昔はふちなし、モノサス入ってからは黒縁 or 茶色。ふちなしは割れやすいからもういいやって。これまで7〜8本くらい、基本的にあんまり形は変えないようにしてる。メガネ変わったね、って言われるのがなんかイヤで(笑)。昔は結構こだわって高いメガネをかけてたけど、子どもが生まれてからは、娘にメガネをねじられちゃうので、お手頃なものを買うようになった。

どうしてメガネ派?:
元々はコンタクト。冷蔵庫でコンタクトを冷やしてから付けるのがお気に入りだったけど、コンタクトがケースにへばりついてカピカピになるし、ちょっと面倒くさくなって。とりあえずメガネかけとくか…のまま現在に至る。
あと、顔色が悪いからメガネでごまかしてるかも。目の下のクマとかごまかせるし。

あなたにとってメガネとは:
ホントは付けたくない。

その2:伊藤 洋介(メガネ歴 5年)

今かけてるメガネ:
CRADLE で購入。ドイツのメーカーの一点物(かなり高かった)

メガネを選ぶポイント:
今のメガネが1本目。フレームの上辺がまっすぐした感じのメガネが欲しくて、格安系も高いお店もいろいろ探して。新宿高島屋にふらっと寄ったときに、理想的な「まっすぐ加減」に出会ったのがコレ。鍵付きのケースに入ってて値段も高かったけど、長く使えると確信して即決。今も大満足。フレームが象牙で、めちゃめちゃ軽い。使ってるうちに風合いも変わってイイ感じに育ってきた。俺の持ち物で一番高価なもの(笑)。

どうしてメガネ派?:
もともと左だけ視力が悪くて、あるとき映画の字幕が見えないなぁと思ったら右目も悪くなってて。そこから、必要なときだけコンタクト → 面倒くさい → メガネ買っちゃおう!で現在へ至る。メガネは好きだし、自分はメガネ顔だと自覚してる。初めてかけたときに「あれ、メガネ変えた?」って友人に言われたくらい。いや、初めてなのに(笑)。

あなたにとってメガネとは:
あまりにも自分と一体化しすぎてて、もはや特別な思いがない。

その3:濱端 誠(メガネ歴 23年)

今かけてるメガネ:
Zoff(¥8,000くらい)
3つ持ってるのを日替わりで。ぜんぶ Zoff で購入。

メガネを選ぶポイント:
モノを選ぶときはフィーリングなので、パッと見ていいなと思ったら、かけてみて、わりと即決かも。似合うかどうかはあんまり気にしない。基本的に黒縁が好きで、最初に手に取る。最近は Zoff で買ってるけど、ほんとは隠れた老舗のメガネとかかけたい。日本の地方でひっそりとやってるような。家族経営でその土地で代々続いてて...誰か教えてください。

どうしてメガネ派?:
昔ものすごく目つきが悪い時期があって、友達に「メガネかけた方が、顔がやわらかく見えるよ」と言われたのがきっかけ。当時は、メガネをはずすと人殺しの顔と言われたくらい(笑)。この間、防災グッズ用意してたときに、メガネがないと本当に何にも見えないと改めて思った。まさに体の一部、ないと何もできません。

あなたにとってメガネとは:
天から課せられた罪(かけることで贖罪している)

その4:梶原 大督(メガネ歴 22年)

今かけてるメガネ:
YELLOWS PLUS のもの(たぶん3万円代)

メガネを選ぶポイント:
Zoff で買ったり、ヴィンテージのメガネをかけたり、今のは5代目で人からのプレゼント。目が本当に悪いので、デザイン重視というよりは機能を伴わないとイヤ。昔は細めのフレームもかけたけど、視界が狭くてちょっとなぁ、と。ちゃんと視界を確保できるかが大事。今のメガネはレンズも大きいし、鼻の上のとこの金具(ブリッジ)とリムとテンプルのつなぎ目に彫刻が入ってるのがお気に入り。

どうしてメガネ派?:
学生時代はどっちかというとコンタクトで、家ではメガネ。社会人になって 20代半ばくらいからほぼメガネに。スポーツするときや、昼間サングラスをかけたいときだけコンタクト。あ、でも少し前に、度付きサングラスを買っちゃったので、コンタクトの出番は無くなるかも。なぜか「伊達メガネ?」って聞かれることがあるけど、そんなわけないだろと思う。目が良かったら絶対にメガネはかけない。

あなたにとってメガネとは:
視力矯正器具。キャラづくりじゃない(笑)。


聞いてみると、なかなか奥が深いメガネ人生。
4人それぞれのメガネとの距離感が興味深かったです。(みんなメガネ似合いすぎ)

メガネに歴史あり。
また機会があれば、ものさすの眼鏡人たちにあれこれ聞いてみたいと思います。

この投稿を書いた人

ものさす編集部

ものさす編集部(ものさすへんしゅうぶ)

ものさすサイト編集部です。メインは2名。「正直な今」を伝えるべく、日々ネタを求めてアンテナ発動中。たのしそうな気配を感じたら、どこでも飛んでいきます!

ものさす編集部が書いた他の記事を見る