2018年11月

15

木曜日の投稿

齊藤 あかね
投稿者:齊藤 あかね
(チェッカー)

2018年11月15日

はじめてのサテライトワーク
品質管理を神山でやってみる 

チェックする人々

齊藤 あかね
投稿者:齊藤 あかね(チェッカー)

品質管理部の齊藤です。

今年9月。夏の気配がまだ残る徳島県神山町のサテライトオフィスにて1週間サテライトワークをしました。

モノサスでは、サテライトワークは土日も含めて1週間滞在し、最低5日間勤務するという条件で行われますが、品質管理部のメンバーが行くのは今回がはじめて。私にとって神山町へ滞在するのは、ものさす塾1期の時以来3年ぶり。そのころとは町の様子も少し変わっていました。
今回は、神山でのサテライトワークがどんな様子なのか、勤務時の様子や、生活などについて書いてみたいと思います。

品質管理メンバーのサテライトワークは、こうなる

今回は、私は神山オフィスの2階を主に使って業務をしました。神山サテライトオフィスで勤務する WS部のみなさんは全員1階にいます。


2階の様子


1階の様子

品質管理部(以下、品管)初の、サテライトワーク。はじめは、社内の連絡ツールと電話で代々木オフィスの品管と連携していました。特に問題はありませんでしたが、3日目からハングアウト(テレビ電話)を代々木とつなげて仕事をしてみることにしました。「こんにちは~」なんてなんだか少し照れてしまう感じです(笑)


デスクトップで作業をして、左の私物PCで社内連絡のためのハングアウトと社内連絡ツールを見ていました

しかし、お互いの様子を見ながらの方が、確認のやりとりがスムーズにおこなえました。PCの画面を見せあい、「ここちょっと見てください」といったようなやりとりも出来ました。

代々木のメンバーから説明を聞いてゼロから案件に入るものもありましたが、その場合はハングアウトで(パソコン画面に私が映っている状態で)担当者の座席に運ばれ説明を受けたのでスムーズでした。
WS部(神山チーム)の案件説明や質問なども、代々木のチェック担当者と、私がつないでいるハングアウトを活用して連絡を取り合って進めることが出来ました。

2階の席はデスクにゆとりもあり、左右に窓があるので、風通しも良いです。

環境、通信、コミュニケーションなど、どうなるか未知の世界でしたが、ほぼ解決出来ない問題はありませんでした。部内でのミーティングもありましたが、繋げているハングアウトが聞こえにくいということもなく快適なサテライトワークでした。

ハングアウトが繋がっていれば、出勤や休憩、離席の様子も代々木オフィスと変わらずわかります。

神山での生活

オフィスから徒歩5分以内の、モノサスが契約しているアパート(2F)を利用しました。
部屋はワンルーム、洗濯機/冷暖房完備でトイレ風呂別のお部屋です。南向きで景色も日当たりも良いです。冷蔵庫はありませんが、近くにコンビニもあるので、困りません。


広いです


通勤ルート。帰りはスマホのライト必要です

かま屋が近いので、朝ごはんも利用できます。


かま屋のモーニング

お昼の社食もかま屋で、いただきます。
神山社員から社食券をもらい、かま屋の人に渡します。

道の駅の野菜も安く、私はおみやげなどをのぞき、大きな買い物をすることもなく生活費はあまりかかりませんでした。

サテライトワークのお楽しみ

現地のイベントに参加できる!

神山では、週末に限らず、いろいろな所でイベントが行われます。この時は、かま屋で「ピザナイト」というイベントがおこなわれる日があり、参加しました
ニューヨークの職人さんが焼いてくださったようです。


ピザナイト

ものさす塾第4期の様子を見学!

教室からの見晴らしと風通しがとても良かったです。この日は林さんの授業が行われていました。


見晴らしの良い教室外のベランダ。モノサスメンバーはみんな自由


塾長の伊藤さんと、WS部部長の栗原さん

神山オフィスのみなさんとお昼ごはんができる!

サテライトオフィスのメンバーからは「誰かがサテライトに来てくれると、みんなでそろってかま屋に行けて嬉しい」という声も。
忙しい中、「ようこそサテライトへ夕食会」も開催してくださいました。おもしろくて気さくな方たちばかりなので、たくさん笑わせてくれます。


みんなでランチ

休日が充実!

神山町内を散策。オフィスの付近から離れて、神山メンバーが生活している環境などを見学しました。蛇がいたる所でお出迎えしてくれました。
今回は神山に住んで3年目の栗原さんのお宅にお邪魔したり、徳島市の雑貨屋「をちこち」も案内してもらいました。鳴門まで連れて行ってもらったり、鳴門のうずしお見学と盛りだくさんの1日を過ごしました。


うずしお


左:移住してすぐに栗原さんが暮らしていたあたりを散策
右:器など、生活雑貨がそろう 遠近(O CHI CO CHI)


鳴門の海

神山メンバーと予定があえば神山をアテンドしてもらえるとか。
シェアカーもあるので、運転ができる人は車を借りて近くの島などをめぐることもできます。

神山で、休日車がなくても1人で行動できるおすすめコースをつくりました!

車があれば色々まわれますが、無免許の人もいるはずだ!と思い、参考になればと作ってみました。

かま屋で朝ごはん
 ↓
道の駅でお買い物
 ↓
大粟神社でお参り
 ↓
神山BEERでランチ
 ↓
神山温泉でお風呂
 ↓
SHIZQ(杉でつくる食器屋さん)でお買い物
 ↓
カフェオニヴァでディナー

アパートに自転車があるので、自転車も利用できるそうです。
徒歩だと40分圏内。自転車だと15分くらいの範囲でしょうか。


神山BEERは、今年あたらしくOPENしたお店です

他にも色々ありますが、1つの参考として。

神山に5ヶ月住んでいた頃は、歩くことをほとんどしませんでしたが、お店も増え、歩ける範囲で楽しめることも増えたと思います。もちろん、ただ山と川を眺め、お散歩しているだけでも充分楽しめます。
歩いている途中、かつてお世話になった方に車から発見されて声をかけられ、「歩いてる人めずらしいんですぐわかりました」と言われちゃいましたが(笑)他にいない分、一人旅感も出せてなかなか良いものです。

改善点はあれど、サテライトワークは問題なくできた

サテライトワークは、部内メンバーの理解や信頼があれば時期を見て可能なのだと思いました。
神山は電車に乗らないので通勤にもゆとりがもてますし、生活面でも困ることもないので、自然ゆたかな環境で、いつもの業務をしつつ、心と生活はゆっくりと過ごしてみたいという方がいれば、大きなハードルではないので部内メンバーにはオススメしています。東京とは環境がまったく違うので、違う環境で仕事ができる、ということを体験してみるのはとても良い経験です。
日常の中で、メンバーの働き方の1つの選択肢や刺激になれば良いな~と思いました。

1人で行くことも良いですが、行動範囲が増えるので誰かと一緒にサテライトワークに行くのも良いのかもしれません。

代々木オフィスのみなさんも、テレビ電話ごしに声をかけてくれて心強かったです(笑)


おまけ:テレビ電話ごしに出た妖怪(本部の大久保さん)

この投稿を書いた人

齊藤 あかね

齊藤 あかね(さいとう あかね)チェッカー

品質管理部チェッカー。歯科衛生士の資格を持ち、社会人バンドでギターを弾くことも。不器用だけどチャレンジ精神だけはあり、どこへでも出かけます。温泉大好き人間です。

齊藤 あかねが書いた他の記事を見る