2016年01月

13

水曜日の投稿

田中 夏海
投稿者:田中 夏海
(品質管理(QA))

2016年01月13日

始まり良ければ、すべて良し。
モノサスの初詣

TOPICS

田中 夏海
投稿者:田中 夏海(品質管理(QA))

コーディングファクトリー部ディレクター/コーダーの田中です。
モノサスでは毎年仕事初めの日に、有志が集い会社から徒歩20分の明治神宮へと初詣します。
例年、代表・林が先導するのですが、今年はすこし様子が違いました。

毎年恒例、初詣。
しかしその時…

なんと、朝から林が不在!
普段から出張や打ち合わせで不在がちな林ですが、今年は年始から多忙な様子。

「ってことは、どうするの?」
この日に初詣に行かないと、なんとなくきまりが悪い。だからぜひともお参りしたい。
「でも、社長がいないのに初詣って、ちょっと…」
社員の間になんとなく「今年は中止か…」のムードが流れ始め、私も楽しみにしていた行事の一つをあきらめかけていた、まさにその時。

颯爽と現れたのは、ものさすサイト編集長・中庭でした。
「初詣することにしたんだけど、一緒に行きますか?」
なんと、プロデュース部部長・真鍋の提案で、有志で行くことにしたというのです。

こんな時「やっぱり行こう!」と自分たちから動くのがモノサス社員のモノサスらしさ。
願ってもない言葉に、私はすぐ賛同したのでした。

それにしてもこのDIY精神、私も見習わなくてはですね。
 

いざ明治神宮へ


この日の最高気温は15度以上。思わぬポカポカ陽気の中、皆で目的地へ向かいます。

お昼12:00。社屋中庭に集合したモノサス社員は、ぞろぞろと明治神宮へ向かいます。
それぞれがそれぞれのペースで、久しぶりに会った人たちと、会話を楽しみながら歩いていく。
故に、目的地に着くころにはいつもバラバラになっています。


いい香りに誘われて、境内入り口前の屋台でベビーカステラを衝動買いする(なんとオマケしてもらいました、お店の方ありがとうございます!)私・田中(左)とクリエイティブ部・加倉井。われらモノサス女子、甘いものは別腹です。

一旦入り口で集合してから、いざ境内へ。


お互いに手水の作法を教えあいます。


三が日が終わってもまだまだこの行列!

境内は見渡す限り人・人・人!さすがは明治神宮。
社員の誰かが「去年より人多くない?」と言っていましたが、毎年同じことを言っている気がします。


クリエイティブ部・加倉井のお賽銭はピカピカの5円玉が2枚。「重ね重ねご縁がありますように」という意味になるとか。


こちらはコーディングファクトリー部・松原。「111円」で「良いぃ~」!松原らしい、ちょっとクスッとくるアイデアです。


真剣にお祈りするチェックチームの松嶋。その姿は、まるで本物のお坊さん。何をお願いしているのでしょうか…。


「神様には人間ひとりひとりが特定できないから、お願いするときは住所を名前を先に伝えた方がいい」とアドバイスを受け、必死に住所を念じる私。いつでもベストを尽くせるよう、無病息災を祈願しました。


明治神宮のおみくじ「大御心」を読むと、毎年身が引き締まります。今年、私がいただいた御心は「巌上松」。大切にデスクに飾っています。

ちゃんと並んでお賽銭を投げ、祈願した後は、集合写真を撮って一旦解散しました。
この後はおみくじを引いたり、お守りを買ったり。思い思いの「初詣」を楽しみましたが、ちょうどお昼時。会社からここまで歩いてきたのもあり、やはりお腹がすきました。

初詣のお楽しみ、屋台タイム


今年も大賑わい!

初詣のもうひとつのお楽しみ、それは「屋台タイム」。
明治神宮の敷地内、お食事処には、参拝客のための様々な屋台がずらり!
「何よりも食い気」の私にとっては、まさに楽園。
他の社員にとってもこの時間はわくわくするものらしく、午後の仕事を気にしながらも、あれ食べたい!これ食べたい!と右に左に大忙しです。


おいしそうな揚げたこ焼き!他にもおしるこに肉まん、ラーメンなど、おいしくて温まるメニューがたくさんありました。


まるでお祭りのような雰囲気に、食事も会話も進みます。


カメラを向けると必ずキメてくれるセールス部・畠山。お茶を飲む姿もイケメン!


さすがは自称食い歩き担当。本領発揮とばかりに屋台のメニューを食べつくす勢い。

たくさん話して、お腹もいっぱい。
帰るころには、ある気持ちが、自然と湧いていることに気づきます。

この一年も、ここで、この人たちと一緒に。
一生懸命、頑張ってはたらこう!と。
始まり良ければすべて良し。
今年も実りある一年にしていきます。


鮎の塩焼きに夢中になるあまり、ちょっと変なポーズになってしまいました。

一年の計は元旦にあり、と言います。
それならば、一年の仕事の計は仕事初めにあるのではないでしょうか。

普段の案件もそうですが、何事も初めが肝心です。
最初にしっかり準備しておけば、多少のトラブルがあっても臨機応変に対応できます。
一年の初めの大切な日に、こうして初詣することで、私もモノサスの一員だということを改めて自覚し、これからはたらいていく上での「根っこの部分」がどうなっているかを見、どうしていくかを考える。
ちゃんと「はたらく準備」をする。
始まり良ければすべて良し、ですよね。

今年も一年、精進してまいります。
何卒よろしくお願いいたします。

この投稿を書いた人

田中 夏海

田中 夏海(たなか なつみ)品質管理(QA)

現モノサスタイランドQA・元コーディングファクトリー部ディレクター/コーダー。オールドスタイル派のキティラー。

田中 夏海が書いた他の記事を見る