2018年07月

31

火曜日の投稿

竹田 健一
投稿者:竹田 健一
(ディレクター / フォトグラファー)

2018年07月31日

今月のMVPは畑峯 豪。
新たに現れた、飄々としながらも強い心をもつCFリーダー。

今月のMVP

竹田 健一
投稿者:竹田 健一(ディレクター / フォトグラファー)

今月のMVPは、CF部の畑峯 豪(はたみね ごう)が受賞しました!

今年からCF部のサブリーダーに就任し、案件がつらい状況でも、常にポジティブな姿勢と、冷静な判断で、制作メンバーをひっぱる姿勢を評価されての受賞となりました。

サブリーダーの自覚と頼もしさ

昨年、僕がリーダーとして1年過ごしている中で、より現場に近いメンバーにサブリーダーを任せたいと思い、白羽の矢をたてたのが畑峯でした。
入社して1年半程の彼にお願いをした理由は、各メンバーと別け隔てなく接し、どんなに辛い状況でもネガティブな発言をせず、常にポジティブにプロジェクトメンバーを引っ張る姿勢。

今年からサブリーダーとして、働いてもらっていますが、
最初の頃は、彼より社歴の長いメンバーに気を遣わないといけないという気持ちもあって、自分の立ち位置に悩みながら仕事をしているように見受けられました。

しかし、時間が経つにつれてそういった迷いも薄れ、現在はサブリーダーという自覚のもと、ゴリゴリといろいろなプロジェクトを進めてくれてます。

他のメンバーがアサインされている案件の調整、他部署とより効率的に連携するための働き、チーム全体がより生産的に動けるようにするためにはどうしたらいいのか。などなど、自分の案件を進めながら、それらを僕やマネージャーから指示することなく主体的に進めてくれていることに、とても感謝しています。

まだ現役のプレーヤーで、現場寄りでありながら、マネージャーの考えもわかってくれているので、とてもバランスのとれた視点で建設的に物事を考えてくれています。

魔法の言葉「それで言うと…」

最近入ったメンバーから言われて気づいたのが、CFメンバーの口癖が「それでいうと…」
ということ。気づけば、自分自身も最近はよくこの「それで言うと…」を使っています。

この言葉の発端をよくよく考えると、会議や現場で物事を決めなくてはいけない場面で、畑峯が「それで言うと…」と言っていることを思い出します。

例えば他のメンバーが意見を言ったあとに、ちょっと違う方向にもって行く時など、この言葉が出現します。「でも」よりもネガティブではなくて、相手の意見を一旦受け止めた上で違う方向を示す。

発言者の方も、自分の意見を一度受け止められている安心感があり、その場全体がネガティブにならずに話が進んでいきます。気づけば、話しているメンバー全員が納得して物事が決まり、この言葉のおかげか、CFメンバーたちも発言することを恐れず、自分の意見を前よりも積極的に言うようになっています。

また、畑峯はこの言葉を僕をはじめ、マネージャーに自分の意見を通したい時にも使います。

畑峯の口から「それで言うと…」がでると、現場にいるからこそ分かる効率的な方法や、既存のやり方に満足しない新たな意見がでてくるので、僕自身も納得させられることが多いです。

畑峯の「こうしたい」という意思を実現させていく裏にある言葉、「それで言うと…」。
マネージャーとプレーヤーのハブとして、また、チームビルディングを主体的にしていくサブリーダーとして、この言葉がこれからも頻繁に使われ、チームがよくなっていけばいいと思っています。


MVP受賞時、部長の児嶋(右)からコメントをもらう畑峯(中)

これからの CFを引っ張る1人

少し毛色の違う話しになりますが、僕と畑峯はよく飲みに行きます。
僕がCFに来てから、社内で1番飲みに行っているのは畑峯であることは間違いないと思います。

酒の席で話すことの8〜9割は仕事のこと。
畑峯がサブリーダーになりたてのころは多い時で週4、5回は飲みに行っていました。
2人とも人間なので、ネガティブな話をすることもありますが、
あーでもない、こうでもない、と朝まで語り合うことも度々あります。

そんな会話の最後、決まって畑峯が言うのは、

「やるしかないですよね!」

うまくいかないこと、変えていかないといけないこと、全てを受け止めた上で自分のできることをしよう。そんなポジティブな姿勢がこの言葉にはあるように思います。

さまざまなことを「自分事」として捉えて動く畑峯。
当たり前のようで、なかなかできないことですが、畑峯自身がそんな思いで動くことで、その姿勢を他のCFメンバーも感じ取り、意識が変わってきているのではないかと思う今日この頃です。

実は、現在私はモノサスタイランドに長期滞在し、現地で新たなプロジェクトに取り組んでいます。こんな風に代々木を離れることができるのも、畑峯がCFを引っぱってくれているからだと思います。

同じ方向性を共有しているという信頼感があるので、多少のミスはあっても、大きな間違いをすることはない、という気持ちで彼に任せています。

昨年から何度もMVPに推薦したけど、やっと今回、MVPを受賞してもらえて嬉しいです!
今後もマネージャー達が広げた風呂敷を、制作メンバーの事を考えて現場に落とし込んでいってくれるとありがたいです。

ぼくにはわからない制作メンバーの意見も知りつつ、マネージャー達の意見の狭間で The中間管理職をうまく渡りあるくはたみー。

今後もよろしく頼みます!!

MVP受賞コメント

MVPありがとうございます。
とってもうれしいです。

MVPは頂きましたが本人としては、なんで受賞したのかあまり心当たりがないんですよね…。
クールさには欠けますが、入社してから毎日頑張って仕事する!ってことはできていると思うのでそこなのかな?と思っています。

受賞した時に部長の児嶋さんが、僕が入社して部の雰囲気が明るくなったと言ってくれました。
ありがとうございます。
ただ、僕もCF部に来て皆に明るくしてもらっている1人でもあるんですよね。
繁忙期など大変な時期もありますが、これからも皆で部を明るく盛り上げたい気持ちでいっぱいです。

そんな部のみんなで、頂いたMVP手当を使って焼肉を食べに行かせて頂きました。
ごちそうさまでした。

また受賞できるように頑張りますので、宜しくお願いします。

畑峯 豪

 

この投稿を書いた人

竹田 健一

竹田 健一(たけだ けんいち)ディレクター / フォトグラファー

モノサスの「呑みニケーション」担当。入社初日の新人さんにもためらわず話しかける機動力は大阪のおばちゃん並み。同じテンションでディレクター業もこなす。趣味は酒場巡りと社内全員のスケジュールチェック。愛猫3匹と暮らす日々。

竹田 健一が書いた他の記事を見る