2020年06月

25

木曜日の投稿

勝股 淳
投稿者:勝股 淳
(ディレクター)

2020年06月25日

在宅ワークな日々。ものさすメンバーの日常のひとコマ。

TOPICS

勝股 淳
投稿者:勝股 淳(ディレクター)

こんにちは。ディレクターの勝股です。

今回は、新型コロナウィルス感染拡大の影響下で少しずつ更新していた、モノサスのインスタグラムをご紹介します。

ほとんどのメンバーが在宅勤務となった期間、『在宅ワークな日々。ものさすメンバーの日常のひとコマ』をテーマに、みんなの日常のワンシーンを撮ってもらって、順番に更新していました。

わたしたちは沢山の言葉を交わさなくても、同じ空間で働いたり、軽く挨拶を交わし合うだけで、けっこうな量のコミュニケーションをしているのだと思います。

在宅ワークに移行して、そんな風に互いを感じ合う機会がなくなってしまったので、みんなが家にいるなりの交流というものができないかなと思い、メンバーの日常のひとコマをテーマにインスタグラムの更新をはじめてみました。

 


こちらの写真は総務・経理担当でサッカー好きの大久保さんより。
台所に立つ息子さん。
写っているのは息子さんだけど、なぜか大久保さんの嬉しそうな表情が目に浮かびました。

 


こちらはモノタイのディレクター、赤嶺さんより。
散歩中の様子。
ちょっとした路地の風景ですが、異国の空気を感じます。

 


こちらはディレクターの藤原さんより。
外を見ている猫様のお尻と足。
なんともかわいい。。藤原さんの猫愛が伝わってくる1枚でした。猫様はたまにオンライン会議に乱入してくるそうです。

 

私は写真が好きで、よく撮るのですが、写真を見ることも好きです。

写真には対象も写っていますが、対象を撮影者がどんな風に見ているかも入っているように感じるので、他者の視点や感覚を知れる嬉しさがあります。

みんなの様子が伝わり合う装置になるといいなと思いながら始めたインスタグラムの更新ですが、送られてくる写真を見ながら、みなさんの視点を知れたような気がしてとても楽しかったです。

今回のテーマで全員登場!とはいかなかったので、またテーマを変えて更新(テーマ制でなくとも、ニュースを更新したり。)したりできるといいのかなと思っていまーす。

※6月25日現在、モノサスでは引き続き在宅をベースにした勤務体制を続けております。状況についてはこちらのページで適宜お知らせしております。

この投稿を書いた人

勝股 淳

勝股 淳(かつまた じゅん)ディレクター

ディレクター。1987年生まれ、湘南住まいのA型。猫二匹と暮らし中です。趣味は自動販売機で飲み物を買うこと。「こういう遊びを考えたんだけど、やらない?」と、言い出すことが多い。

勝股 淳が書いた他の記事を見る