2018年10月

25

木曜日の投稿

奥山 秀野
投稿者:奥山 秀野
(セールス部 部長)

2018年10月25日

愛犬といっしょの箱根旅はいかが?
くるみと旅行編

TOPICS

奥山 秀野
投稿者:奥山 秀野(セールス部 部長)

こんにちは、セールス部の奥山です。
前回の記事で私の愛犬、トイプードルのくるみについて紹介させていただきました。
今回は、私が犬を飼いたい理由のひとつでもあった「わんこと旅する」楽しみをお伝えしようと思います。また、これまで犬を飼うと旅行に行けなくなると、犬を飼うことをあきらめていた人にも、ヒントになればと思っています。

わんこと行く電車旅

今年の夏は箱根の強羅へ2泊3日の旅行に行ってきました。新宿から小田急ロマンスカーに乗って箱根湯本まで約1時間半で着きます。あまり知られていないかもしれませんが、JR以外はペットを無料で乗車させることが可能です。ロマンスカーは全席指定なので、特急券は予約開始の1ヵ月前にネットで事前に予約購入しておきます。購入するのは、箱根に行くならイチオシの「箱根フリーパス」です。出発当日、新宿駅の小田急線窓口で「箱根フリーパス」を購入します。


新型のロマンスカーです!

このフリーパスでは、期間中は箱根周辺の交通機関が全て乗り放題になります。ロマンスカーの往復乗車賃、登山鉄道、ケーブルカー、ロープウェイなど全ての移動にそれぞれ乗車券を買っているとかなりの金額になってしまいますが、このフリーパスを持っていれば安心です。

新宿駅でお昼ご飯とビールを買ってロマンスカーに乗りました。くるみはいつも外出の時はこのマシュマロバックに入って移動しています。

マシュマロバックはデザインエフさんのキャリーバックです。旅行の時はメッシュ部分を広げてベッドとしても使っています。


ロマンスカー内はこんな感じで座ったりしています

箱根湯本駅で散策

ロマンスカーで箱根湯本駅に着くと、すぐ近くに早川という川が流れています。河原沿いを散歩するのもおススメです。犬旅はトイレポイントもとても重要なので、こんな場所があるととても安心できます。


電車移動の疲れを散歩でリフレッシュできます

もちろん、土産物店などの店も近辺には色々ありますので買い物などもできます(駅構内で土産物を買うとフリーパスで割引もあります)。その後、登山鉄道に乗って強羅駅まで移動です。

わんこも一緒に楽しくお泊まり

2015年に初めて訪れてから5回目のお泊りとなる「レジーナリゾート箱根 雲外荘」に行ってきました。こちらは愛犬と泊まれる宿として設計、施工されたドッグフレンドリーな和風の温泉旅館です。敷地内には源泉もあるそうです。

強羅駅から坂を歩いて3分程度のぼっていくと、入口のところで宿のスタッフの方が待機されていて出迎えていただきました。ロビーで待たせることなくすぐに部屋に案内され、チェックインは部屋で行ないます。こういった配慮は他のわんちゃんが苦手な子も安心です。
スタッフの方とお話しながら、雲外荘のお隣にあるお店の箱根強羅もちとお茶をいただきます。夕食の時間までは温泉に入ってゆっくり過ごしました。

こちらのお宿の犬設備のポイントは、滑らず足にやさしい床材、ソファやダイニングのいすもキズかつきにくい素材を使用しているそうです。

ペットシーツや消臭スプレーなどアメニティや犬用食器も揃っているので、持っていく必要もありません。入口にはリードフックや飛び出し防止ゲートの配慮もされています。


飛び出し防止ゲート


犬用のアメニティには、わんちゃんが喜ぶおやつもあります

もちろん人用の設備や備品も充実しています。無料LANや仕事のできるデスクもあり、電子レンジやDVDなどもあります。また、部屋着として作務衣や浴衣もあるので、荷物が少なくて済みますね。
私がいつも宿泊している部屋は、バリアフリーになっていて、お風呂は窓が開放できる半露天の構造になっています。蛇口をひねるとかけ流しの温泉が楽しめます。寒い季節でも気にならず、夏は虫なども入ってこないので、ゆっくり温泉に入ることができます。
他のお部屋は露天風呂とドッグラン付きなどもあります。

そしてお待ちかねの夕食の時間です。夕食、朝食ともにお部屋食になっていて、3回にわけて運んでこられます。食事の時間も選ぶことができます。

くるみはスタッフの方が来るたびに、遊んでもらって喜んでいました。月ごとに変わる季節感のある和食を堪能してお腹いっぱい。愛犬用和食メニューもありますが、残念ながらくるみはドックフードしか食べられないため家から持参しています。

わんことのお散歩におすすめ周辺スポットのご紹介

箱根は彫刻の森美術館や芦ノ湖などたくさんの施設や観光スポットがあります。ケーブルカーやロープウェイ、遊覧船などは犬もバッグやカートに入っていれば一緒に乗ることができます。なかでも強羅から行きやすいおススメスポットをご紹介します。

箱根強羅公園

宿泊したレジーナリゾート雲外荘から更に坂をのぼっていくと、箱根強羅公園があります(ここも、箱根フリーパスを使えば、入園料が無料になります!)。愛犬もリードをつけていれば、一部を除いて園内に入ることができます。季節ごとに草花が咲いていて、年2回はバラも咲いていてとても楽しめます。この日はとても暑かったので、公園のなかにある一色堂茶廊でソフトクリームを買って食べました。テラス席はペット同伴の専用席になっていますので、一緒に食事をすることもできます。


ソフトクリームを少しだけおすそ分けしました

大涌谷(おおわくだに)

強羅駅から早雲山駅までケーブルカーに乗り、そこからロープウェイに乗り換えると大涌谷に着きます。ロープウェイからみると、至るところから白煙が立ちのぼっていて硫黄のにおいが立ちこめています。今回は連休中で人がとても多かったため、長い時間のお散歩はできませんでしたが、満足してくれたようでした。


大涌谷

今も活発な火山活動が続いていて、火山性ガスが発生しています。間近で沸き上がる蒸気をみることができるので、硫黄臭が苦手でなければおススメな人気スポットです。また、温泉池で茹でることで真っ黒になったゆでたまごは「黒たまご」として人気で、食べると寿命が7年延びるとか。私もくろたまご館で買ってみましたが、出来たての温かいたまごは普通の茹でたまごより旨味成分が強いそうです。大涌谷でしか買えないので、是非食べてみてはいかがでしょうか。


黒たまご

わんことの旅を楽しんで

犬と旅する箱根旅行をご紹介しましたが、いかがでしょうか。ご紹介したスポット以外にも箱根には、芦ノ湖や箱根神社など犬と行くことができるスポットはまだ沢山ありますし、 レジーナリゾート雲外荘さん以外にも犬と泊まることができるお宿(犬宿)もあります。

最近は箱根に限らず犬宿はとても増えていますので、愛犬と旅行に行ったことがない方も是非一度訪れてみてはいかがでしょうか。犬用カートや多頭飼い、大型犬のわんちゃんと旅をされている方も多く見られます。愛犬と一緒に過ごす楽しい旅の思い出がつくれると思います。

夢だった愛犬との旅行は、今や1年に6回以上も出かけるほどライフワークのひとつとなっています。お出かけが好きなくるみと私たちとの大事なコミュニケーションとして、これからもいろいろなところに旅をしていきたいと思っています。

この投稿を書いた人

奥山 秀野

奥山 秀野(おくやま ひでの)セールス部 部長

自他ともに認める肉食系。狙った案件は必ず受注する気合いと根性の営業ウーマン。社内でセレブ犬と噂されるトイプードルのくるみに癒される毎日。美味しい店探しと犬連れ温泉旅行が趣味。

奥山 秀野が書いた他の記事を見る