2020年12月

25

金曜日の投稿

加倉井 宏美
投稿者:加倉井 宏美
(Webディレクター)

2020年12月25日

YouTube沼へようこそ

ものさす探求隊

加倉井 宏美
投稿者:加倉井 宏美(Webディレクター)

こんにちは。お久しぶりです加倉井です。

ようこそ、YouTube沼へ!
気になる動画を芋づる式に見まくって、時間があっという間に経ってしまったなんてことありませんか。

私は、友人への誕生日プレゼントを探すため、商品レビューの動画を見始めたのが最初のきっかけでした。関連動画をクリックしていくと辿り着いたのは「瀬戸弘司」というYouTuber。眼鏡の変な格好をしたおじさんが、悠長に分かりやすく商品レビューをするのが癖になって、毎日投稿される動画を楽しみにしていました。
通勤でほぼ毎日YouTubeを覗くようになり、今は商品レビューだけでなく、ゲーム実況、音楽、料理、DIY、お笑い、キャンプ、登山、ラジオなど様々なジャンルをYouTubeで見ています。

YouTubeが生活の一部になってしまった私が、お気に入りで見る動画やチャンネルをご紹介したいと思います。趣味嗜好に偏り過ぎていますが、どうぞお付き合いください。
 

泣き沼

チャネル名:中村佳穂
「中村佳穂  SING US "忘れっぽい天使 / そのいのち" (live ver)」

2018年6月11日に三軒茶屋GRAPEFRUIT MOONで行われた、「SING US」というライブの一部(2曲)です。正面やステージがなく、フロアの真ん中に居る出演者を囲うように観客がスタンディングで演奏を聴くスタイルになっています。

中村佳穂は、ソロでもデュオでもバンドでも、その時どきにあわせて演奏の形態を変えて、ジャンルにとらわれない音楽に挑戦をしてきたアーティストです。

SING USのコンセプト通り、観客も一緒に歌うのですが、彼女を中心に観客も自分もどんどん引き込まれて不思議な感覚になる動画です。
中村佳穂のことを「人の形をした音楽」と、誰かのコメントで見た言葉ですが、自由に気持ちよく歌う姿と声は、とてもしっくりくる表現だと思いました。

一押しは5:53で歌詞に合わせて胸をたたくところ。

お昼ご飯を食べながら結婚式用の曲をYouTubeで探しているときにこの動画を見つけ、涙が止まらず当時は最後まで見ることが出来ませんでした。

もっと中村佳穂の動画をみたい場合は、2016年のFUJIROCKに初参戦したときの動画もおすすめです。

中村佳穂BAND FUJIROCK Festival'16

「あなたの帰り道に 歌がありますように」とかの歌詞も最高。
「稼ぐぞ~」とか言っちゃうところも好き。
 

笑い沼

チャネル名:SANNINSHOW
「【三人称】ドンピシャ,ぺちゃんこ,鉄塔,弟者のGang Beasts【2BRO.】」

私の超一押し「三人称」!
普段はドンピシャ(青)、ぺちゃんこ(ピンク)、鉄塔さん(緑)の3人で中学生みたいにわいわいゲームをやっています。突拍子もないトラブルや悪ふざけばかりで、涙出るほど笑わしてもらっているチャンネルです。

紹介した動画は「Gang Beasts」というゴム人形を操作して戦うゲームで、ゲーム実況界の中でも有名なYouTuberの弟者(赤)をゲストに呼んでのコラボ動画です。16:20からの最終ラウンドまではぜひともご覧ください。

三人称は紹介したい動画が多いため、抜粋するのが難しいのですが、他にも見たいと思われる方がいれば以下のシリーズの動画もおすすめです。
最近は減りましたが、稀に下ネタも飛び交うので、苦手な方や公共の場の再生はご注意ください。

【三人称】ドンピシャ,ぺちゃんこ,鉄塔のHuman Fall Flat【マルチプレイ】

[完]【三人称】お前らちょっと自分勝手【マインクラフト】

また、ゲームの動画だけでなく、リスナーからの投稿を元に話す雑談も週1で公開しています。家事や移動中で画面を見れない時に、ラジオ感覚できけるので便利です。リスナーの投稿内容も面白いですし、三人称の人の好さが分かるのが雑談のいいところです。

【三人称】雑談放送
 

スリル沼

チャンネル:兄者弟者
#1【ホラー】弟者,兄者,おついち「Five Nights at Freddy's」【2BRO.】

本当に心臓に良くないので、心臓弱い方やホラー苦手な方は避けて下さい。

ホラーゲーム「Five Nights at Freddy's」(以降FNAF)は、複数体の殺人着ぐるみが、深夜に動きだし、プレイヤーのいる監視部屋に近づいてきます。
近づいて来るのをモニターで確認して、ライトや扉で撃退。確認して撃退を更に繰り返し、夜0時から朝6時まで耐えしのぐゲームです。これを5夜で全クリ。(6夜目以降の上級者版も存在します。)海外含めてFNAFは人気シリーズ化しており、PS5でも新たにリリースされる予定です。

「笑い沼」でもゲストとして紹介したの弟者が主にプレイしています。ゲーム実況チャンネル「2BRO.」は弟者、兄者(弟者の実の兄)、おついちさんの3名で動画投稿しており、ゲーム実況界の先駆けとしても大変人気が高いチャンネルです。

私は、ホラーとか全くダメなのですが、ゲーム実況であれば実況者が操作をしてくれますし、私より叫んでいる実況者見ていると面白く、少し冷静に見ることできます。
特にFNAFは、最初のうちはめちゃくちゃ怖くてコメント欄に逃げていましたが、ゲーム自体とても難しく、最後の方はクリアする達成感で怖さを忘れさせてくれます。

シリーズ1をご覧になったらシリーズ2も是非!
更にもっと熱い戦いを見せてくれます。

#1【ホラー】弟者,兄者,おついち「Five Nights at Freddy's 2」【2BRO.】
 

その他オススメ動画一覧

チャンネル:シネマトゥデイ
映画『グレイテスト・ショーマン』「This Is Me」ワークショップセッションの様子

グレイテスト・ショーマン見た方は是非。見てない方も是非。最初のトークを理解した上で、セッションの様子を見るとグッときます。


チャンネル:ChilledCow
lofi hip hop radio - beats to relax/study to

24時間ライブでずっとイイ感じの音楽がながれてます。
生活に音楽を。テレワークのお供にもおすすめです。


チャンネル:SUSHI RAMEN【Riku】
天井にいたらどのくらいでバレるの?【恐怖】

動画1つ1つへの熱量が高く、発想が衝撃的。
度を超えた企画でも家族が協力的だし、作り上げる技術や編集能力も動画が投稿される度に向上していくチャンネル。


チャンネル:SUSHI RAMEN【Riku】
ぬいぐるみに命が宿るドッキリ!!【2才】

またしてもすしらーめん。
歳の離れた弟が可愛すぎる。


チャンネル:taira kawarazaki
SNOW MOTION | Sony | A6400 | FE 85mm F1.8 | CINEMATIC B ROLL | PP10 | 120P

弊社のデザイナー河原崎さんのチャンネル。
私はこの動画が一番好き。河原崎さんが書いている映像研の記事はこちら


チャンネル:THE FIRST TAKE
女王蜂 - 火炎 / THE FIRST TAKE

映画「モテキ」で一世を風靡したバンド「女王蜂」。
一発収録で魅せるアブ様の本気に震えます。


チャンネル:関連2生ハムと焼うどん
20160703 アイドル横丁夏祭り 生ハムと焼うどんライブ部分

事務所に所属しておらず、セルフプロデュースで活動をしていたアイドル。
トークがピカイチ。(2年前くらいに解散)


チャンネル:King Gnu official YouTube channel
King Gnu - 飛行艇

「白日」で有名になったKing Gnuですが、私が好きになったのはこのMV。
自分も最強になった気がして、仕事で追い込まれたときは何度もリピートして聞いてました。


チャンネル:てぃ先生
子どもに聞く「自分がされたらどう思う?」は効果なし!?もっと響く言葉

最初は胡散臭そうと思って見始めたけど、凄い分かりやすく子どもの心理をコンパクトに教えてくれます。
他の動画含めてコメント欄に「主人にも効果ありました!」と意見がチラチラあるのがジワジワきます。


チャンネル:瀬戸弘司 / Koji Seto
母親から謎の荷物が届いた。

YouTube生活のきっかけになった瀬戸弘司です。
生活感に溢れた動画が多いので、親近感からついつい継続的に見てる気がします。


チャンネル:スナザメ実況
(Among Us)「あの遺言は最高だった...」
試合後人狼ガチ勢全員から大絶賛の『遺言』残し、絶望状況から逆転した神試合

最近流行りの人狼ゲーム「Among Us(アマングアス)」。
人狼ゲームの議論はギスギスしたものが多いけど、Among Usの実況は比較的なごやか。ゲーム終了後の答え合わせも面白いです。


いかがでしたでしょうか。

見たいもの見たくないものを選べるようになり、自分の知らない世界をYouTubeで簡単に覗きに行けるとは凄い時代になりましたね。
私にとって、笑いを提供してくれるYouTubeは精神的に助けられたことも沢山ありました。

ご紹介した中からひとつでも寝正月のお供にしていただけると嬉しいです。

この投稿を書いた人

加倉井 宏美

加倉井 宏美(かくらい ひろみ)Webディレクター

茨城県過疎地帯出身。田舎に絶望し上京したものの、今では田舎に恋い焦がれています。口下手なディレクターですが、本当はもっとお喋りがしたい。可能であれば大好きな日本酒を囲んで、自然の中で。

加倉井 宏美が書いた他の記事を見る