2017年11月

21

火曜日の投稿

ものさす編集部
投稿者:ものさす編集部

2017年11月21日

寒い冬の日も、音楽で心をあたためて
〜モノサスメンバーが選んだ「冬の日に聴きたい曲」〜

TOPICS

ものさす編集部
投稿者:ものさす編集部

暦のうえでは、北国から雪の便りが届きはじめる「小雪」をむかえる今日この頃。
体調を崩している方も多いかもしれませんね。

朝はお布団からでるのもちょっとためらってしまうし、モノサスではマスクをつける人も増え、体調管理が一層大事な季節になってきたことを感じます。

ですが、冷たい冬の日にぴったりの音楽があると、ちょっとだけ気分が変わります。
外へ出て冬の澄んだ空気を胸いっぱい吸うのも良いし、あたたかい部屋でゆっくりするのも良いし…。冬の一日を楽しむ気持ちになってくるから不思議です。

今日は、そんな寒い冬の日に聴きたくなる曲を、音楽好きなメンバーに教えてもらいました。
 

毛布にくるまって
心地よい音が身体に沁み渡る幸福
ブライアン・イーノ『Ambient 1: Music for Airports』


田中 夏海(ディレクター / コーダー)


ブライアン・イーノ『Ambient 1: Music for Airports』Astralwerks (2004/10/5)( Amazon

冬。寒さが大の苦手の私は、その単語を聞くだけで憂鬱な気分になってしまいます。雪とかほんとにどうでもいい。ああ、できるだけ外に出たくない、動きたくない…。

というわけで、寒い季節はお家の中でぬくぬくゆったり、静かに過ごしたい私がご紹介するのは、ブライアン・イーノ「Ambient 1: Music for Airports」です。
ブライアン・イーノは、あのWindows95の起動音でも知られる、アンビエントミュージックの先駆者。そんな彼が手がけた本作は「音」がひたすら心地よい名盤です。

じわー、じわーと脳に、全身に沁み渡る「音」を感じて、頭の中がふわーっと空っぽになっていく感覚…なんとも言えず癒されます。

これを自宅のプレーヤーで流しながら、暖房をつけて毛布をかぶってあったかい白湯(このアルバムにはコーヒーよりも、ハーブティーか白湯が合うと思います)を飲み、ただただじっくりと、何も考えない時間を過ごす。白湯に飽きたら、あたためたワインをチビチビとゆっくり飲んで…うーん、冬ってのも悪くない。

そんな、おひとりさま・インドア志向の皆様には、是非オススメしたい一枚です。

 

何気ない日常から
何気ない非日常へ
musette『Datum』 


浅田 亮平(デザイナー)


musette『Datum』 p*dis   (2009/10/8)( Amazon

このアルバムを聞いた瞬間。こんな世界が広がってきた。

冬のからりと澄んだ晴れ空の下。
ヨーロッパの街並みの中、中年そこらの男たちが、気楽にウイスキーでも飲みながら、
路上で演奏している。そんな他愛のない、日常の風景を感じた。

しかし、私がこの曲を聴きたい時は、それとは違う。

休日早朝。
外は雨が降りそうで降らない曇り空。
詰まる予定も無く、のんびり朝食の準備を始めた頃合いに聴くのがいい。
気持ちのいい天気の中、男たちが演奏する情景を感じながら、
後日、晴れた日に何をしようかという、わくわく感を胸に潜めつつ、
とりあえず今は、ゆっくり食パンでも齧りながらコーヒーを飲む。

そんな冬の朝にオススメの一枚です。

 

澄んだ空気と輝く星空
どこまでも走れそうな浮遊感
Exlovers『Starlight,Starlight』


半田 貴功(ディレクター)


Exlovers『Starlight,Starlight』Young & Lost Club (2012/4/4)( Amazon

ロンドンのインディーズバンド、Exloversの『Starlight,Starlight』を紹介します。タイトルからして夜をイメージするものの、歌詞に冬の言葉はなく、季節はいつなのか明確なのものはないのですが、自分はこの曲を聴くと冬の澄んだ空気の中で輝く星空の夜を思い浮かべます。

透明感のある美しい女性ボーカルと、シューゲイザーを思わせる残響と浮遊感、キラキラとしたギターポップサウンドがとても心地よく軽快ですが、少し寂しさのあるメロディがそんな風景を浮かべるのに1役買っているのかなと思います。

勝手にそんなイメージを持ちつつ、当時はこの曲をBGMにしてランニングしていました、冬の夜の寒さを肌に感じながらこの曲の疾走感とともに変わっていく景色を見るのが好きで、どこまででも走れるような気持ちにさせてくれます。

 

ウキウキでキラキラ。
12月のプレイリストに入れて街を歩くよ
Perfume『Have a Stroll』


降旗 ゆかり (マーケティング部)             


Perfume『JPN』徳間ジャパンコミュニケーションズ (2011/11/30)( Amazon

Have a Strollは「お散歩する」とか「そぞろ歩きする」という題名がついた、Perfumeの曲です。JPNというアルバムに入っています。歌詞には冬を思わせる言葉はひとつも入っていないのですが、私の中では冬になると聴きたくなる曲です。

きっかけは数年前、クリスマスシーズンにコンランショップに行ったときのこと。きれいにデコレーションされた店内を見ながらぶらぶらしていたら、再生されたのがこの曲。(もちろんお店でかかったわけではなく、自分のiPhoneから。)その時のウキウキした気分と、曲の感じがあまりにもピッタリで、私のウキウキは倍増したのでした。それ以来、12月のプレイリストに入れて、冬のお出かけ定番曲となっています。

 

寒い冬も音楽で元気に!

冬の日に聴きたくなる曲、いかがでしたでしょうか?

曇った冬の朝、まだ覚醒していないひとときをゆっくりと味わうあたたかいサウンドや、苦手な冬もちょっと好きになれる、身体中に響く音。冷たい空気のなかを思い切り走りたくなるギターポップサウンドに、イルミネーションできらめく街をワクワクした気分で歩くのにぴったりなものまで。四者四様、冬のさまざまな場面を思い描いて選曲してくれました。

ちょっと寒さに負けそうな日も、音楽の力を借りれば元気になれる。
心も身体もあたたかくして、冬を乗り切りましょう!

この投稿を書いた人

ものさす編集部

ものさす編集部(ものさすへんしゅうぶ)

ものさすサイト編集部です。メインは2名。「正直な今」を伝えるべく、日々ネタを求めてアンテナ発動中。たのしそうな気配を感じたら、どこでも飛んでいきます!

ものさす編集部が書いた他の記事を見る