2018年04月

23

月曜日の投稿

ものさすサイト事務局
投稿者:ものさすサイト事務局

2018年04月23日

名付けのヒミツ。vol.1
ものさすパパ達に聞いてみました

TOPICS

ものさすサイト事務局
投稿者:ものさすサイト事務局

桜の季節も過ぎて、もうすぐ4月も終わり。5月のGWが待ち遠しいですね。
みなさん、あれこれ予定を立てているのではないでしょうか。

そしてこの季節、街中でちらほらと見かけるのが鯉のぼり。

5月5日の「こどもの日」は、もともと「端午の節句」と呼ばれており、子どもの成長を願って鯉のぼりを飾る日でした。マンションのベランダに飾られる小さな鯉のぼりも、一軒家の庭ではためく堂々とした鯉のぼりも、親から子へのたくさんの願いがこめられているんだなと思います。

そんな こどもの日を前に、ふと思ったのが「こどもの名前」。よく考えると、自分の名前って不思議です。気がついたら名付けられていて、自分では選べないし、基本的に一生つきあっていくもの。名付ける方にとっては責任重大…?そこで今日は「ものさすパパ」達に、お子さんの名付けについて聞いてみました。

1. 松永家の場合

長女:椿(つばき)ちゃん・6歳
長男:賢(けん)くん・1歳
 

どうしてこの名前に?:
長女のときは、妻の家系に花や植物にちなんだ女性の名前が多かったので、そこにあやかろうということで、予定日(1月)にあわせて冬から春の花の名前を調べました。そのなかで「椿」という字が、インスピレーションで「あ!いいな」って。一応、画数とかも調べて特に問題なかったので、スルっと決まりましたね。生まれて顔を見たときも、椿という名前に違和感がなかった、どっちかという和顔だからかな。普段は「つば」って呼んでます。

長男のときは、海外でも呼びやすい名前がいいなと思ってて、そういえば英語の教科書に「Ken」ってよく出てきたなと(笑)。もともと「賢」という字がいいよね、と妻とも話してたので「賢一」とかも考えたけど、やっぱり今回も漢字一文字でと。僕の家が、父親も自分(悟)も漢字一文字なので合わせました。みんな「けんちゃん」って呼んでます。

2人とも、意外と名付けはすんなりいったかも。僕も妻もそこまでこだわりはなくて、自然に浮かんだような感じです。

我が子のイチ押し!:
椿:折り紙の達人(ハートとかいろんなもの作れる、ねばり強い!)
賢:結構ワイルド(力が強くて体も大きい…もしかするとオラオラ系?)

2. 小嶋家の場合

長男:一智(いちと)くん・生後5ヵ月
 

どうしてこの名前に?:
周りからなぜか「絶対女の子だよ」と言われてたので、妻と名付け本を読みながら、字画と呼びやすさで「みのり」だなと。でも7ヵ月目で性別がわかったら男の子だった。みのり案、ボツに(笑)。そこから急いで考え始めて、妻は古風に「太郎」推し。でも僕の友達にいるから5秒で却下。翔がつく名前とか、清太(きよた)とか…字画もチェックしながらいろいろ考えました。

で、僕の親に名前候補を伝えたら、どれも反応が今ひとつ…。聞いてみると、僕の名前(一弘)の「一」の字をどうしても入れたいと。小嶋の「嶋」と「一」って、すごくいい字画なんですよね。そこから「一」をベースに考えていきました。妻の家系が、儒教の五常(仁・義・礼・智・信)から名付けられてるので、これと組み合わせたいと思って、字画やら響きやら考えて「一智」だな、と。

あとは読み方をひたすら調べて、「一智(いち)」または「一智(いちと)」どちらかでいこうと。生まれて顔を見た瞬間に、これは「いち」じゃないね、「いちと」顔だな、とすぐに決まりました。半年以上ひたすら名前を考えてたけど、すごく楽しかった。妻も楽しんでたけど、僕の方が熱心、四六時中考えてました(笑)。

我が子のイチ押し!:
生まれたときから髪の毛フサフサ(将来も安泰)
意外と女子好き?笑顔ふりまいてる(将来頼もしい)

3. 小野木家の場合

長女:環(たまき)ちゃん・5歳
次女:弥(あまね)ちゃん・2歳
 

どうしてこの名前に?:
僕の名字が「小野木」で3文字なので、名前は漢字1文字がバランスいいなと思ってました。長女の「環」は、僕が緒川たまきが好きだったので…というのは冗談で(笑)キラキラはいやだし、ちょっと古風な名前にしたいなと。名付け本を見てたら「環=めぐる」という意味があって、いろんなことがめぐりながらたくさんの幸せが舞い込んでくる人生になって欲しいなぁと思って。他にも候補はあったけど、生まれて顔を見たときに妻と「環だね!」と。和風な顔で、大福っぽくて美味しそうだった。

2人目も女の子とわかって、自分のなかで一文字が出尽くしててヤバかった(笑)。和風で古風で一文字…を探してたら、「弥く(あまねく)」という漢字の読み方を聞いて。あまねく=ひろく端までいきわたっている、という意味で、長女の環=めぐる、とあわせて、いきわたってめぐってくる感じ。環があって弥、いいなと。

一応他にも考えてたけど、最終的には顔を見て「あまね」っぽかったので決定しました。キラキラネームじゃないと思うけど、誰も読めないだろうなぁ…。

我が子のイチ押し!:
環:集中力半端ない(ものづくり力、幼稚園で一番かも)
弥:独立心がすごい(大人の階段のぼりまくり…負けそう)


ものさすパパ達の名付けのヒミツ、それぞれの名前にたくさんの想いがこもってるんだなぁとジーンしました。「和風」「古風」などのキーワードが共通していたり、「生まれて顔を見てから、最終的に決めた」というコメントも多くて、なるほどなるほど。

どんな名前も、素敵なギフトですね。
みんな、すくすくと大きくなっていきますように!

この投稿を書いた人

ものさすサイト事務局

ものさすサイト事務局(ものさすさいとじむきょく)

「ものさすサイト編集部」改め「ものさすサイト事務局」になりました。みんなと一緒に記事をつくりながら、モノサスらしいサイトってなんなのか考え中。中心メンバーは好奇心旺盛な人と圧が強めの人とめんどくさがりな人です。

ものさすサイト事務局が書いた他の記事を見る